清水ユースが大宮ユースに快勝し「日本クラブユース サッカー選手権(U-18)」16年ぶり2度目の優勝を飾る!

2018年08月02日

ジュニアサッカーニュース

DSC_0206

取材・写真・文●中澤捺生

 1日(水)、味の素フィールド西が丘(東京都北区)にて「第42回 日本クラブユース サッカー選手権(U-18)大会」が行われ、清水エスパルスユース(以下、清水ユース)が大宮アルディージャユース(以下、大宮ユース)を2-0で下し、優勝を飾った。

 清水ユースと大宮ユースはグループステージの時に対戦。その時はスコアレスドローに終わっていた。清水ユースの指揮を執る平岡宏章監督は「9番の吉永選手をどれだけ抑えることができるか、大宮のストロングポイントはボールを動かすことなので、(裏への)飛び出しや抜け出しに注意をすること、サイドの11番(高田颯也選手)、15番(渡辺俊介選手)のドリブルに注意することを徹底して、まずは守備から入りました」とグループステージで対戦した経験を踏まえて、ゲームプランを用意していた。

 35度近い気温を記録した中、清水ユースの選手はゲームプラン通りにハードワークで守備に奔走。すると、前半12分に清水ユースの17番・青島太一選手が「1人目を振り切った時に倒れなかったことがゴールにつながりました」とドリブルから先制点を奪う。前半アディショナルタイムにはバイタルエリアでボールを持った10番・齊藤聖七選手が右サイドにいた19番・山崎稜介選手に展開。グラウンダーのクロスを中に送ると、エリア内に走り込んでいた10番・齊藤選手がダイレクトで合わせてスコアを2-0とした。

 齋藤選手は試合後「準決勝(アビスパ福岡U-18)の試合は自分のプレーが出来なくて、チームに迷惑かけたんですけど、決勝戦の舞台でゴールを決めることができたので、素直に嬉しいです」と振り返っていた。

 2点のビハインドで折り返すことになった大宮ユース。丹野友輔監督は「前半は、清水のプレッシャーにはまってしまい、なかなか前にボールが運べませんでした。清水の方がハードワークできていたので、攻守において相手よりハードワークしようと(ハーフタイムに)激励しました」と話す。その言葉通り後半は、2点を追う大宮ユースが豊富な運動量で中盤を制圧。終始、ボールを保持する展開となった。

 大宮ユースは後半11分、20番・田中颯太選手が右サイドからクロスボールを入れると、ゴール前の混戦から9番・吉永昇偉選手がシュートを放つ。しかし、清水ユース・15番・川本梨誉がゴールライン上でブロックした。さらに攻勢を強めた大宮ユースは同大会で6得点を挙げているエースの吉永選手にロングボールやクロスボールを放り込みゴールを目指したものの、清水ユースの5番・監物拓歩選手がヘディングで跳ね返し、GKの梅田透吾選手が安定したセービングを披露。ゴールを許さない。

 結局、前半の2ゴールを守り抜いた清水ユースが大宮ユースを下し、16年ぶり2度目の優勝を飾った。なお、大会MVPは梅田透吾選手(清水ユース)、大会得点王には吉永昇偉選手(大宮ユース/6得点)が輝いた。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

6banar

Twitter Facebook

チームリンク