“日本の未来を担う存在”久保建英と中井卓大が「体幹トレーニング」を続ける理由

2018年12月08日

コラム
タグ: 

世界へ羽ばたく日本の未来ある選手として注目を集める久保建英(横浜F・マリノス)と中井卓大(レアル・マドリー育成組織)。この二人が小学生の頃から行ってきたのが、体幹トレーニング。プロトレーナー・木場克己先生の指導のもと、今も欠かさずトレーニングを行っています。彼らはなぜ体幹トレーニングを続けることができるのか、木場先生の言葉に耳を傾けます。

文●松岡健三郎 写真●ジュニサカ編集部


久保建英と中井卓大が体幹トレーニングを続ける理由

 久保建英選手(横浜F・マリノス)と初めて会ったのは、彼が10歳(小学4年生)のとき。お父さんが「体幹が必要」だと感じられて、お願いされました。

 そのときに久保選手の体幹のチェックをしたのが、「2ステップ1ステップのチューブ」。はじめから2ステップができていたわけではなく、続けたからこそ今いまの強さを得られました。

 そのときのカラダの使いかたをみて、当たり負けしないカラダをつくるためのメニューを考え、バランス感覚のトレーニングから始めました。重心がブレないようにおなかまわりをきたえて、グッとふんばれる体幹と、ヒザとつま先でふんばれる軸足をつくりました。

 今もずっと通ってくれていますが、その大きな理由は「ケガをしていないから」。プロになって、体格の大きい大人とプレーしてもケガをしていません。「体幹=強さ」はもちろんありますが、「体幹=ケガをしない」ことを久保選手もわかってくれたので、今でもトレーニングを続けてくれています。

 久保選手は長く続けることで、強さを得たうえに、大人とプレーしてもケガをしないカラダになりました。今後 、アウターマッスルの筋力がもっとついてくれば、もともと持っているプレーが出せるようになって、さらに上を目指せると思います。

DSC_0267

 今の中井卓大選手(レアル・マドリー育成組織)の身長は175cmですが、初めて会った9歳(小学3年生)のときは、すごく小さかったですね。彼の場合は、自分から体幹を強くしたいと訪ねてきたくらい、トレーニングに対する意識が高い。はじめてから毎朝10~15分、今でも続けています。真面目さと謙虚さ、継続するメンタルが、今の彼の成長につながっているのだと思います。

 中井選手もこれまで一度も大きなケガをしたことがありません。レアル・マドリーの育成組織でも、そこはチームから評価されているそうです。最近はカラダの使いかたもうまくなり、イメージどおりの動きができています。シュートやパスなどのキックは、軸足をしっかりふみこむことが大切です。きれいな(軸がブレない)フォームができていないと、イメージどおりのボールはけれません。そのためには重心を安定させることが大事。それが体幹であり、土台です。

 中井選手はすでに土台づくりができているので、これからアウターマッスルの筋肉を強化して、さらなるレベルアップが期待されます。

 イメージどおりにカラダが動かないと、動きに無理が出てケガにつながってしまうこともあります。しっかりとしたカラダができていないのに、イメージだけでメッシやネイマールのドリブルをマネしたり、クリスティアーノ・ロナウドのFKをマネしてもケガにつながる恐れがあるので、無理はしないようにしましょう。

 久保選手と中井選手のプレースタイルはまったく違いますが、これまでおこなってきたメニューは同じで、「プロトレーナー木場克己のジュニアサッカー C・B・Aトレーニング」で紹介するトレーニングは全部やってきました。二人によく言うのは、「軸足のヒザまわりの筋肉がおとろえるとケガにつながりやすい」ことと、「ドリブルしているときに頭の位置がブレるとムダな動きが出て、疲労しやすい」こと。「疲れやすいカラダにならないように、インナーマッスルからきたえる」ことが大切です。

 二人とも力の使いかたがうまくなり、力ちからを入れるところと、抜くところがわかってきました。

 はじめておこなうトレーニングの場合、慣れるまで余計なところに力が入ってしまい、バランスがとれません。カラダの使いかたがうまくなれば、どこに力を入れて、どこを抜けばいいかわかってきます。それはトレーニングをくりかえしおこなうことで、自然と身につきます。

 二人とも使いかたをわかっているので、プレー中に自然と体幹を使えています。うまく使えれば、自分のもっている筋肉の力を100パーセント発揮できます。

「C・B・Aトレーニング」はすごく地味で、続けるのはとても大変へんです。でも、続つづけることがいちばん重要。久保選手や中井選手のように続けることで、相手に負けず、自分のプレーができるようになるのです。1日にち15分程度でかまいません。継続してトレーニングをおこなうことが大事です。久保選手もはじめからできていたわけではありません。続けていったからこそ、今の強さを得られたのです。


CBA_cover

商品名:プロトレーナー木場克己のジュニアサッカー C・B・Aトレーニング
著:木場克己
定価:1,400円(税別)

「C・B・A」(コア/バランス/アジリティ)、3つの能力が伸びれば劇的に強く、速く、うまくなる! 久保建英選手(横浜F・マリノス)、中井卓大選手(レアル・マドリー育成組織)などプロ・ユース年代のトッププレーヤーもみんなやってる木場克己プロトレーナーの『C・B・Aトレーニング』。サッカーで重要な【ドリブル力】【ストップ動作】【ターン動作】【ジャンプ力】【走力】【キック力】の動作別でメニューを構成しています。全45メニュー+ストレッチ9種を写真やポイント解説で紹介しています。また全メニューを動画で確認できるように解説映像も用意しており、各ページのQRにアクセスすれば見ることができます。


購入者限定特典キャンペーン!「プロトレーナー木場克己のジュニアサッカー C・B・Aトレーニング」をご購入者にKOBA☆トレ1日無料体験のチャンス!!


C・B・Aトレーニングはジュニア年代からできるトレーニングです。今回、『プロトレーナー木場克己のジュニアサッカー C・B・Aトレーニング』の発売を記念して特典キャンペーンを実施。(書籍ご購入者限定で)ご応募いただいた方々の中から抽選で40名様にKOBA式体幹トレーニング(KOBA☆トレ)が1日無料体験できます。下記の詳細を明記の上、フォームからご応募ください。

【応募資格】
・『プロトレーナー木場克己のジュニアサッカー C・B・Aトレーニング』の書籍購入者
・KOBA式体幹トレーニングを体験したいと思っている小学生のサッカー選手(小学3~6年生)
・都内近郊の方

【CBAスクール体験スケジュール】
ご当選者の方は下記の日程から1日を選んでいただき、ご体験していただきます。

☆1月☆
火曜日コース 8日、22日、29日
水曜日コース 9日、16日、30日

☆2月☆
火曜日コース 12日、19日、26日
水曜日コース 6日、20日、27日

☆3月☆
火曜日コース 5日、12日、19日
水曜日コース 13日、20日、27日

(時間帯)
①16時~17時
②17時~18時
③18時~19時

【応募方法】
こちらの応募フォームからお申し込みください。

【応募締切日】
12月26日(水)まで

【備考】
・当選者のみのご連絡とさせていただき、当選者はKOBA☆トレスタッフから直接ご連絡いたします。
・受講料などは一切発生いたしません。
・書籍購入の確認のため、無料体験開催のときに購入した書籍をお持ちください。
・交通費などはご負担いただく形になります。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

地域クラブ

Twitter Facebook

チームリンク