なぜ、正しい「姿勢」や「体の使い方」がサッカー選手に必要なのか?

2018年12月24日

コラム

P59-ph1

育成期のケガへの対応をどう考えるか

――今回、力を効率良く体全体に伝える動き方として「背骨」をキーワードにできたのは非常にわかりやすいです。

松井「体の使い方は昔から様々なフィジカルトレーナーの方がいろんな発言をしています。皆さん自分なりの解釈を持って様々な人たちに施術をしています。

 動きをテーマにした場合、私がただ一つ言えるとすれば『腰を落とすと負担がかかる』ということです。

 だから、最近は『腰を落とすな』と言い始めています。まだ多くの人たちに広まってはいませんが、腰を落とすと動き始めにものすごく負担がかかります。私は実技講習会でいろんな年代の人たちに腰を落とさない動き方をしてもらいますが、落とさない方が体が軽いと皆さん実感しています」

――ずいぶん前に、内田篤人選手がシャルケに所属していた頃、C・ロナウド選手と1対1をした時の姿勢が話題になりました。彼はC・ロナウド選手の顔だけを見ていました。

松井「内田選手の体に目を向けると、筋肉がムキムキの選手ではなく、スマートな選手です」

――サイドバックの選手は、よく腰を落としている選手も見かけます。お尻が完全に落ちてしまっています。

松井「お尻が落ちると、腰が大抵曲がってしまいます。もう少し背骨が反っていればいいと思うんですが、日本人は腰が丸まってしまいます。

 そうなると、動き出しのタイミングで進みたい方向とは逆の足を一度踏ん張ってから地面を蹴り出します。この動きは足への負担がとてもかかります。それを子どもにやらせるのは相当なストレスです。骨盤を立てて、少しS字型を保てる姿勢が一番自然に重心を利用し動き出せます」

――筋力で何とかしようとしているわけですね。

松井「極端な話、足首と膝の曲げ伸ばしだけで、初速を作ろうとしています」

――少しスペインのことも知りたいです。スペインではケガをしたらどのような対応をするのでしょうか?

松井「私がいた当時のスペインの話ですが、スペインの各地域サッカー協会には提携するクリニックがありました。そこで働いているのは、スポーツを専門としているドクターです。ケガをしたらその病院に行けるのです。

 私はエスパニョールにいましたが、プロクラブは自前のドクターが常駐しています。でも、町クラブにはまずいません。

 その点に配慮し、地域のサッカー協会はスポーツドクターと契約し提携を結びます。選手証が診察券になっており、保険にさえ入っていれば治療費は基本的に無料だったと記憶しています。

 選手が出場できないようなケガを負った場合、ドクターが選手証を預かる形をとります。つまり、ケガをすると選手は試合に出場できないのです」

――その仕組みは素晴らしい。でも、それくらいケガに対してデリケートに対応しているということです。

松井「日本人からすると驚きですよね。今はわかりませんが、当時のカタルーニャ地域は、そのような仕組みでした。試合への出場可否を選手本人任せにしてしまうと、プレーすることを選択する子どもが多いでしょう。地域のサッカー協会とクリニックの提携は、選手のためを思えばこその素晴らしい取り組みだったと思います」

――9月に指導者座談会を行いました。編集部内でも座談会をしたのですが、問題に思う部分が違っていて、それはフィジカルやメンタルなど様々な専門分野においても同じです。

松井「スペインでは試合でドクターが帯同することが当たり前だし、そこでケガをしたら試合の翌日にドクターのもとに行くことが当たり前です。本当に100年以上の歴史を単に重ねているわけではありません」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク