ポゼッションが目的ではない。バルサメソッドの創始者が語る「ロンド(鳥かご)」の本質

2019年01月23日

サッカー練習メニュー

徐々にロンドを行うピッチのサイズを小さく

 トレーニングは、易しいものから難しく複雑なものへ変化させるものです。トレーニングを始めるにあたり、最初にアジリティのトレーニングで、後方への走り方を確認し、いつもボールの軌道に対して体をしっかりと向かせて待てるような状態をキープします。

 ボールが選手の足元を通過してしまうようなことがあれば、それはポジショニングが悪いためです。ボールに背を向けてしまった選手がいれば、プレーを一度中断し、ミスした選手をディフェンスと交代させる必要があります。次に、1タッチで行うロンドのようなトレーニングを行いますが、まずは敵がいない状態で行います。

 その後に、区切られたコート内を自由に動きながら1タッチのロンドを行います。これが上手にできるようになったら、敵なしで、6人の選手でボールを2つ使ってボール回しを行います。

 このロンドは難しいです。

 1タッチでプレーするために、選手たちはボールを動かしながら、味方のスペースへの動きに合わせて、パスを出すタイミングを合わせる必要があります。ピッチ上で同時に生じるたくさんの問題に注意を払わねばなりません。このトレーニングを通じて、集中力を高めることもできるでしょう。これらのトレーニングができるようになったらロンドを開始します。

【1】5対2でロンドを行います。しかし、ディフェンスの選手はボールを奪いません。動き方について確認、修正しながらプレーします。

【2】プレーできるスペースを広く設定します。広いスペースを使うことで、オフェンスの選手たちのプレーをしやすくし、ダイレクトでのプレーを行いやすくします。

【3】選手たちのプレーが上達してきたら、トレーニングをより複雑なものにしていきます。ディフェンスの選手にボールを奪いにいかせます。ロンドの目的を達成する鍵はディフェンスの選手が握っているといっても過言ではありません。ディフェンスの選手がゆっくりとしたリズムでプレーをしていたら、オフェンスの選手たちも努力しないでしょう。相手からのプレッシャーを乗り越えたときに初めて、プレーの成長が見られるでしょう。

【4】徐々にロンドを行うピッチのサイズを小さくしていきます。そして、これらの条件の下でプレーができるようになってきたら、オフェンスを5人から4人に減らします。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク