ディフェンスで見るべきは「味方の位置」。ジュニア年代における「正しいポジショニング」の指導法

2019年04月05日

コラム

Jリーグで監督として数々のチームを指揮し、守備組織の理論と構築のスペシャリストである松田浩氏(日本サッカー協会技術委員)が語る守備のメソッド。『サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論』より一部抜粋して紹介します。

(文●松田浩/鈴木康浩 写真●編集部)

『サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論』より一部転載
※この記事は2015年12月17日に掲載した記事を加筆・再編集したものです。


日本のトレセンでゾーンディフェンスは教えられている

 戦術的な柔軟性を獲得するという意味では、ある程度の年齢に達した育成年代からしっかり戦術を学んでいくことも重要なのではないだろうか。

 以前、千葉県の佐倉にあるイタリアのACミランのスクールを訪ねたことがある。イタリアのU−15世代以下の指導を中心にしていたというイタリア人指導者は「イタリアでは10歳頃から2対2からスタートして戦術の指導を始めます。その年齢の頃から子どもは空間認知ができるようになるので」と話していた。一方、日本U−12世代では、ドリブル力を身につけさせるような、子ども個人にフォーカスした指導が圧倒的に多い。日本はどの段階から戦術指導をスタートさせるべきだろうか。

 これは僕自身、日本サッカー協会に入るまでは知りませんでしたが、日本のU−12世代のトレセンでは、守備のトレーニングのなかで『ボールを奪う』ことを十分に取り組んでいるんです。それは間違いなく『ゾーンディフェンス』です。言葉でこそそう表現しませんが、僕にはまったく違和感がありません。

 たとえば、2対2のトレーニングのなかでチャレンジカバーをしっかりこなすように促すときに、ボールを中心にしながら味方の位置で守備ポジションが決まる、この概念をしっかりと指導しています。『こうなったときに味方が縦に抜かれたら、カバーをする守備はどこにいればいい?』というように子どもに問いかけながら正しい守備のポジショニングを導いていく指導を行っています。

 ドリブルを教え込むのはせいぜい10歳くらいまで。日本のトレセンでは12歳頃からしっかりゾーンディフェンスに取り組んでいるので、トレセンに参加した子どもたちが所属するそれぞれのクラブでも日々ゾーンディフェンスに取り組めるだけの素地はあるのだと思います。

松田

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク