FCトリアネーロ町田がイタリア遠征で受けた“衝撃”と確かな“手応え”

2019年07月15日

ジュニアサッカーニュース
タグ: 

FCトリアネーロ町田は昨年末の『第1回MIZUNO U10フットボール日本大会』を制し、今年の4月19~22日にかけてイタリアで行われた『ユニバーサル・ユース・カップ』に日本代表として参加した。世界の強豪チームが集結した国際大会での結果は全64チーム中33位に終わったとはいえ、順位だけでは計り知れない“日本ではありえない数々の衝撃”があった。トリアネーロの5年生チームを率いた若山聖祐監督(34)の述懐から、リアルなイタリア遠征記を全2回に渡ってお届けする。

取材・文●石沢鉄平 写真●FCトリアネーロ町田提供


 
Trianero1
  
初戦のフィオレンティーナが与えた衝撃
  
 予選リーグの初戦にはいきなり地元イタリアの強豪フィオレンティーナが待ち構えていた。つまり、初戦がコロンビア代表だったロシアW杯の日本代表と似通った、初戦がすべて…というシチュエーションとなった。早くも1位トーナメント進出がかかる天王山は、FCトリアネーロ町田にとって濃密な一戦となる。
 
 先にスコアを記すと2-3…早くも1位トーナメント進出が遠のいてしまう。2-3の字面だけを見れば惜敗と想像したくなるが、現実はまるで異なるものだった。若山監督が初戦を振り返る。
 
「カルチャーショックでしたね。10回やって8、9回負ける感覚。よく2-3までもっていったな、と。たしかに2-2に追いついて、かなり追い詰めて…120%は出しているんです。3点目は前がかりのところをスーパーカウンターでスコーンとやられました。あのカウンターはスピードがまったく落ちませんでした。ボールを奪ったときのスイッチがまあケタ違いだな、と感じましたね」
 
 その熱を帯びた口調からも、それこそ“ロストフの14秒”を想起させるような高速カウンターだったことがヒシヒシと伝わってくる。若山監督を驚かせたのはカウンターの速さだけではもちろんない。大会前に現地で海外チームとテストマッチが組めず、基準がつかめなかった誤算はあったにせよ、強度の高い守備にも面を食らったようだ。
 
「ウチの選手はドリブルではがしてしまえば日本ではそうそう追いつかれないんですけど、100%追いつかれていました。交わしたと思っても足が伸びてきたり、アタッカー陣が対応できなかったことにまず驚きました」
 
 さらに、類まれな決定力をまざまざと見せつけられる。それも、2点を決められた相手FWとの1対1の局面ではトリアネーロのCBがほぼ抑えていたにもかかわらず、だ。ゆえに若山監督に与えた衝撃度はハンパではない。寄せ切る前に打ち切る技術と判断もさすがだったというが、相手の表情から埋めようのないメンタリティーの差を感じたという。
 
「1点目を決めた選手が僕の目の前を通ったんですけど、“ラッキー”って顔をしていたんですよ(笑)。あ、これは決められちゃうな、ってゾクッとしちゃったんですけど。ウチの選手を見ているとチャンスを決めなきゃって顔をしていた。向こうはミスを恐れていないんですよ。日本人はどうしても大事にっていう気持ちが体を硬直させてしまって技術を出し切れない部分があると思います」
 
 若山監督自らスマホで撮影した試合後のロッカールームの動画を見せてもらうと、まさに嗚咽の2文字がしっくりくるような泣きじゃくる選手たちの姿があった。「こんなに泣いているのを初めて見ました。放心状態です(笑)。ここまでのパフォーマンスをしたら日本ではそう負けないですよ。実力的にもホントに負けたなって思ったのは久々だったんじゃないかな」
 
 涙を枯らすまで泣きに泣いたトリアネーロは、次のエピナイ(フランス)戦に2位トーナメント進出の望みをかけることになった。
  

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

イングランド サッカー

Twitter Facebook

チームリンク