コラム

腿(モモ)キック

2012年03月28日

?

飛んでくるボールに対して、蹴る足のヒザを曲げ、足を後ろに少し引きタイミングに合わせて腿で蹴ります。
ボールを当てるポイントとしては、ヒザ関節に近い部分に当てると良いでしょう。しっかりとミートをすることで力まなくてもボールは飛びます。
当てる部分を確認しながら、キックの感覚をつかみましょう。
普段はあまり使うことのないキックかもしれませんが、サッカーはどの部分でも蹴れることが大切です。
また、ゲームの場面など、腿でシュートすることにより、シュートタイミングをずらすことができるので、相手を騙せるキックとして有効です。

■トレーニング方法

飛んでくるボールに対してタイミングを合わせてヒザを曲げ しっかりと腿でミートする バランスを保ちながら自然に振り抜く

?
■今回のポイント

・ヒザを曲げましょう
・ヒザ関節に近いポイントでしっかりボールにミートすることで力まずともボールは飛びます

 

 

プロフィール

屋良 充紀(やら みつとし)

現役時代はブラジル、エクアドル、コロンビアでプレー、横浜FC泉Jrユース監督やSFA(シリアサッカー協会)フットボールアカデミーヘッドコーチ。シリア代表コーチも歴任。シリア滞在時に作成したアラビア語でのサッカー指導指針はアラブ圏は、もちろんのこと海を越えてアフリカ・スーダンでも高い評価を得ている。また、横浜市でブラジルのストリートサッカーをヒントに遊び心をくすぐるサッカースクール、『エスコリーニャFC』の代表でもある。ケータイサイト、「教えて!? ジュニサカの疑問」でもアドバイザーを務める。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク