グッドプレーへ通じる朝ごはん

2012年03月30日

食育

朝食をとらないと、体だけでなく、脳への影響を及ぼします。
脳のエネルギー源のブドウ糖は、ご飯やパンなどの炭水化物から得られます。しかし、このエネルギー源=ブドウ糖をとらないでいると、思考能力が下がる、頭がボーっとする、気分が悪くなるなど、脳や体に変化をきたすのです。
では、サッカーをしている子どもたちが、毎朝、朝食をとらないでいたら、どうでしょう? 朝食の習慣がない→習慣がないので、試合や練習当日に朝ご飯が食べられない→エネルギーを補給しないので、脳が働かない→集中力が低下し怪我につながる。判断力の鈍いプレーをする……など、いいことはひとつもありません。サッカー選手なら(そうでなくても)、普段から朝食を食べる習慣を身につけましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク