コラム

プレスをかけられるとあわててしまう選手たち

2012年06月12日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みは「プレスをかけられたときにあわててしまう選手たちの対処法」です。

◎練習(トレーニング場面での悩みやギモン)

qicon
(質問者:小学5年生コーチ)

私は今5年生のコーチをしています。プレスの遅いチームには、落ち着いて自分たちのいいプレーで試合が運べるのに対し、プレスの速いチームに対しては、あわてて逃げのパスをする場面が非常に多く見られます。何かいいアドバイスまたは練習方法などありませんか? お願いします。

qicon
キープして視野をもつことを最優先に。
「前に行かなくもいいよ」の声がけを

 小学生が相手からプレスにこられた場合、あわてるのは当たり前です。
  そもそも欧州などでは、「子どものサッカーでは速いプレスはさせないようにしましょう」と指導者は言われています。少年サッカーは勝利至上主義ではありません。小学生のときに最も優先的に身につけることは、速いプレスをかわす技術ではなく、周囲を見渡す時間を十分に与えることだと言われています。要するに、視野を持ち、そこで得た情報をもとに自分で判断してプレーを創造する。そこを優先すべきなのが小学生時代とされています。だから、11人制ではなく4~8人の少人数制で行い、あらかじめオフサイドラインが白い線で引かれているわけです。

 ですので、指導する際は「前に行けなくてもいいよ」と声をかけてあげましょう。もっと言えば、ボールを後ろに下げていいし、引いてしまっていい。少年少女の間に、ボールを相手に渡さない、前には行けないけれどキープできる技術を身につけるようにしてください。「ボールを奪うのは大変じゃないかな? では、奪われない方法を考えよう」と子どもに考えさせてください。ボールをとりに来られても、とられないよ、という技術ですね。

 もうひとつ、修正していただきたいのは、練習メニューの選び方です。ひとりで長々とコーンドリブルをさせてはいませんか? クローズドスキルではなく、例えば2-1、2-2、3-1、3-2など、対人形式のオープンスキルのトレーニングを増やしましょう。試合形式の練習をやっていけば、プレスに慣れていきますし、あわてないですむと思います。

 また、試合などでボールをとられても叱らないこと。叱られて萎縮(いしゅく)すると、子どもは余計に平常心ではいられなくなります。一見いつもと同じような顔つきでも、子どもは試合で緊張するもの。試合で失敗したことを反省してから「じゃあ次はどうしたらボールをとられないかな?」と問いかけてください。

「問いかける→気づかせる→考えさせる→トライさせる」

 この一連の流れを、集中して、楽しみながらくり返すことのできる選手とコーチが、一緒に成長できるのだと私は思います。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク