コラム

いじめを受けて「サッカーをやめたい」と言う息子

2012年07月17日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回のお悩みはいじめを受けてサッカーを続けることに悩む小学4年生のお子さんのご相談です。

◎自宅(ピッチ外での子育ての悩み)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

小学4年生の男の子の保護者です。地域のサッカーに所属してます。クラブチームではなく、チームのお父さんたちがボランティアでコーチを引き受けてくれてます。1年生から初めており、とてもサッカーは大好きな息子です。そんな、息子よりサッカーをやめたいと言われとても驚きました。チーム内でひとりの子からいじめをずっと受けていたとのことです。寡黙で人とのかかわりがとても苦手な性格です。我慢強い性格でもあり、今回親に打ち明けたのは本当にたまりかねてだと思います。集団ではなくひとりからなのでこのまま辞めさせるのもどうかと悩んでいます。相手の親御さんとは話をするものの、和解は難しい環境です。どうするべきかとても悩んでいます。

qicon
まずはコーチに相談を。
チームの中で起きたことは任せる

 相手の親御さんよりも、担当コーチの方と早く話をする努力をしましょう。「子どもがこんなことを話してきました。チームの中ではどうでしょうか?」と尋ねてみてください。その際に「コーチを責めているわけではない」ということ、「できれば辞めさせたくない、このチームで続けさせたいので解決したい」ということをきちんと伝えましょう。もし、コーチの方が思い当たる節がないのであれば「少し気をつけてみてあげてほしい」と伝え、観察期間を設けてみてもいいでしょう。

 このようなことは、実際によくある話ですが、例えば、試合に出る、出ないなどのあつれきが、子どもの間にあるのかもしれません。ですが、練習や試合のなかで、子どもの姿を一番近くで見ているのは、親ではなく現場で指導するコーチです。

 保護者として大切なのは「チームの中で起きたことは、コーチに任せる」というスタンスです。コーチよりも先に相手の親御さんと話をされたようですが、子ども同士のトラブルに親が口を挟むと、どうしてもお互いわが子の言い分を大人が言い合うだけになり、解決の糸口がなかなかつかめません。

 いったんコーチに任せて様子を見る。まずはそこから始めることをお勧めします。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク