【JFAプレミアカップ2013】決勝レポート

2013年05月08日

大宮ジュニアユースが劇的勝利で悲願の初優勝!!


 ドラマチックな結末で、大宮がアカデミー初の全国優勝を成し遂げた。全国9地域のU-15代表チームが日本一を争う「JFAプレミアカップ2013」の決勝戦が5日にJ-GREEN堺メーンフィールドで行われ、大宮アルディージャジュニアユース(関東代表)が延長戦の末に2-1で京都サンガF.C.U-15を下して初優勝を飾った。

 前回大会でアカデミー初の決勝進出を果たした大宮にとっては、1年前の悔しさを晴らす栄冠。伊藤彰監督は「クラブとして、いつか、ここ(優勝)まで来なくてはいけなかった。昨年は全国ベスト4の壁を越えた。今年は、昨年の内容と結果をベースにしてその上を行かなければいけないぞと選手に伝えたが、期待に応えてくれた。最後の最後で彼らの力が発揮された」とクラブ初の快挙を喜んだ。

 試合は、両者ともに特長を見せたクオリティの高いゲームだった。試合開始直後に大宮の右DF谷村大和が負傷で交代するアクシデントがあったが、ともに質の高いショートパスで攻撃を組み立て、積極的にゴールを狙った。

 試合が動きを見せたのは、ほぼ互角だった前半を終えた後のハーフタイムだった。京都は2人の選手を入れ替えてポゼッションを改善。守備ではアンカーの日根野達海、攻撃では田中康介がけん引役となり、試合の主導権を握った。後半9分には大宮のFW小柏剛のシュートがクロスバーをたたく場面があったが、京都がより多くのチャンスを作り出した。後半15分、京都は左サイドでインターセプトに成功したFW橋本尽が相手守備の背後へロングパス。相手がクリアミスしたボールを見逃さず、FW中田諒がしっかりとゴールへ先制点をたたき込んだ。

 しかし、京都はその後に続いた得点機を逃したことが後に響いた。不屈の闘志で逆襲を展開した大宮は、アディショナルタイムに波状攻撃で敵陣深くに押し込むと、ボランチの山田陸が右へ展開すると見せかけて左前方へ縦パス。途中出場のMF三橋智哉が軽く触ってさらに前方へボールを送り、最後はMF長谷川元希が左足を伸ばしてスライディングシュート。ボールは逆サイドのポストに当たってゴールへ吸い込まれた。奇跡の同点弾は完全に試合の流れをひっくり返した。

 1-1で迎えた延長戦は、大宮が優位に立った。そして延長後半の終了間際、大宮は左サイドからFW梁賢柱が得意のカットインでゴール前まで運び、自ら右足で逆転ゴールを突き刺した。ほどなくタイムアップのホイッスルが鳴り、両チームは歓喜と悲嘆の対照に染まった。

 大宮は、8月に英国マンチェスターで行われる世界大会の出場権を獲得。決勝点を決めて大会MVPに選出された梁は「世界にはいろいろな選手がいる。自分のストロングポイントがどこまで通用するのか楽しみ」と喜び、準決勝で2点、決勝で1点と勝負強さを見せたMF長谷川は「世界大会では自分がMVPをもらえるぐらいの活躍をして、チームに貢献したい。もう一度、みんなで喜びを分かち合いたい」と意気込みを語った。

 質の高いパス回しで勝利目前まで迫った京都、ポゼッションと積極的なアタックによる真っ向勝負で最後にひっくり返した大宮。ファイナルにふさわしい好ゲームだった。なお、フェアプレー賞は大宮が受賞。大会ベストイレブンにはGK若原智哉(京都U-15)、DF土田直輝(大宮JY)、DF日根野達海(京都U-15)、DF濱口功聖(福岡U-15)、MF田中康介(京都U-15)、MF崎村祐丞(福岡U-15)、MF冨安健洋(福岡U-15)、FW小柏剛(大宮JY)、FW吉岡翼(京都U-15)、FW上禅世(広島JY)、FW宮内真輝(福岡U-15)の11名が選出された。

(文・写真●平野貴也)

VOL44

カテゴリ別新着記事

GA-300×80
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク