コラム

まみや食堂「冬こそ家族で食べたい栄養たっぷり鍋メニュー」

2013年12月13日

お母さんも安心の栄養たっぷり簡単鍋

 毎日料理をするお母さんにとって、調理時間が少しでも短いのは、とてもうれしいですね。通常、一食を作るのに、切る、煮る、焼く、揚げるなど、多くの作業工程が必要ですが、鍋料理なら基本的に「切って」「煮こむ」だけ。忙しいときや帰宅してすぐにご飯を食べたいときにはとても便利です。さらに材料を切って下ごしらえをし、冷蔵庫に入れておけば、煮こむだけでおいしい夕飯のできあがりです。

 また、野菜嫌いな子どもは多いものですが、肉やスープと一緒なら、嫌いな野菜も食べやすくなります。サラダや煮物、炒め物といった野菜料理は、どれも調理時間がかかりますが、鍋料理ならそんな手間も省けます。

 片づけが楽というのもうれしいですよね。家族が多い場合、一食でも洗い物はたくさんあって大変ですが、鍋料理はひとりに取り皿とご飯茶碗程度で済んでしまいます。片づけに使わず空いた時間は、家族団欒にも使えて、一石二鳥ですよ。

子どもも喜ぶ豊富なバリエーション

 いろいろな食材を楽しめる鍋料理は、子どもにも喜ばれます。マンネリになりがちな鍋料理ですが、「我が家のオリジナル鍋」を考えてみるのも楽しいですよ。そのときのポイントは子どもが好きな食材を入れること。普段は鍋に入れないようなものでも、子どもが好きな食材なら興味を持って食べてもらえます。ソーセージや餃子などはいい例ですね。鍋のシメにご飯を入れて雑炊にする場合も、うどんやそうめん、パスタやラーメンなどで一工夫。和風、中華、イタリアンなど、いろいろなバリエーションの味づけで楽しんでみてください。

 ひとつの鍋を囲み、家族そろって食べる鍋料理。「あっ、僕のお肉食べた!」「野菜が煮えたよ~」など、自然と親子の会話がはずむのも、子どもたちにとっては楽しいひと時です。

プロフィール

間宮 裕子(まみや・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。本名、森裕子。 名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『プロクラブを支える“食”ストーリー 名古屋グランパス 勝利の食堂』

Jリーグに栄養士がいなかった時代から、初の専属栄養士として名古屋グランパスを「食」で支えてきた間宮裕子氏が、サッカーファンや、食事にこだわる人たちの声に応える。ダイエット、貧血対策、ケガ予防、強い体づくりの秘訣が満載。スポーツを楽しんでいる人々、子を持つ親、スポーツ指導者、栄養士を目指している人に贈るグランパス流「勝ち食」ストーリー。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク