コラム

サッカー選手は両目を理想的に使いこなすことが重要!? ドイツ代表も実践する“ライフキネティック理論”の具体的な手法とは?

2014年07月18日

W杯で見事世界一に輝いたドイツ代表。ボールを支配し、状況に応じてカウンターに切り替える、その変幻自在のサッカーで重要なのは判断力と決断力です。その能力を高めるために取り入れられているのが“ライフキネティック理論”と呼ばれるトレーニングメソッドです。そこで前回に続き、ドイツの指導者である筆者=中野吉之伴が実際にこの理論を体験した内容をレポートします。

取材・文●中野吉之伴 写真●Getty Images

(前回の内容はこちらから)


“両目を理想的に使いこなす”とは?

 前回は「“ライフキネティック理論”とは何か?」というのを簡単に説明させてもらいました。今回は理論の一部分を掘り下げ、さらに詳細にご説明したいと思います。

 みなさんは両目を正しく使えていますか? 
 自分が見ている世界はすべて正しく、そのままだと考えていますか?

 ほとんどの人は見えている景色を疑うことなどしませんが、ライフキネティック社の創始者であるホルスト・ルッツは「実は、そうではない」と指摘します。

 彼は男女様々なジャンルやカテゴリーの、トップアスリートからホビーキッカーまで2000人を対象にテストを行ったそうです。その結果から「両方の目を理想的に使いこなせている人は一人もいなかった」と判断しています。

 人にはそれぞれ“利き目”があり、物を3次元で捉えるため、反対の目がサポートをしているそうです。そうして、目による情報が最適に処理されることで目の前に広がるものを“理想的に”見ることができるそうなのですが、どうしても情報処理のスピードに偏りができてしまい、ずれが生じてしまうと。

 ルッツによると、「視野とは目で見える範囲」のことではなく、「一瞬で目が拾ってきた情報を脳が把握し、処理しきれる情報量」のことを指すそうです。

Germany v Argentina: 2014 FIFA World Cup Brazil Final

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク