コラム

Jクラブ注目の市立船橋DF杉岡大暉選手が語る“キャプテン”としての役割

2016年07月22日

埼玉県のレジスタFCからFC東京U-15深川を経て、市立船橋高校に加入。“市船”のキャプテンを務め、プロクラブからも熱視線を集める杉岡大暉選手が目指すプレースタイルとキャプテンシーとはどのようなものか。

文・写真●川口昌寿(熱中!高校サッカー編集部)

『熱中!高校サッカー』より転載


市船

「これが市立船橋なんだな」

――実際に入学した市立船橋はどのような高校でしたか?

さすが高校サッカートップレベルという印象でした。練習内容からすごいチームで、さらに次週の試合にむけた相手への対策、戦術的なところも細かく教わることができて、「これが市立船橋なんだな」と思いました。

――中学生時代にはあまりやらなかったですか?

そうですね。当時は個人能力を磨く環境で、対戦相手に合わせた戦術トレーニングはやってこなかったので新鮮でした。

――市立船橋は特殊なシステムを採用していますが、高校に入学してから覚えたんですか。

それまではオーソドックスな4-4-2をやってきたので、3バックが初めてだったんです。変則的なシステムですが、一番やりやすいと感じていましたね。

――もともと小学校のときからセンターバック(CB)を務めていたのですか?

小、中学生時代はボランチや中盤をしていました。たまにCBをやる感じでした。

――市立船橋に入学してからCB専任になった。

基本的にCBを中心にやりましたが、サイドバックも、ボランチもやりましたね。

――杉岡選手は自身の主戦場はCBだと思いますか?

確かにそれはありますが、どこのポジションでもレベルの高いプレーをしていきたい。だからそこまでCBだけにこだわっているわけではありません。

――雑誌や新聞では「高校ナンバーワン・ディフェンス」とも呼ばれることがあります。杉岡選手としてはそれについてどうでしょう。

いや、全然考えられないです笑。

カテゴリ別新着記事

ss
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク