コラム

幼稚園時代に出会った南野拓実選手と室屋成選手。“幼馴染”のふたりが築いた最高のライバル関係

2016年07月29日

来週開幕するリオデジャネイロ五輪日本代表メンバーである南野拓実選手と室屋成選手。ふたりが同郷の幼馴染であることはあまりに有名だ。良きライバルであり良い友人でもあったというふたりは、お互いのことをどう感じているのだろうか。『僕らがサッカーボーイズだった頃3』より一部抜粋して紹介する。

(文●元川悦子 写真●Getty Images)

『僕らがサッカーボーイズだった頃3』より一部抜粋

DOHA, QATAR - JANUARY 26: (L to R) Takuma Asano, Ryosuke Yamanaka, Takumi Minamino amd Sei Muroya of Japan celebrate qualifying for the Rio de Janeiro Olympics after winning the AFC U-23 Championship semi final match between Japan and Iraq at the Abdullah Bin Khalifa Stadium on January 26, 2016 in Doha, Qatar. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

南野と室屋、出会いは偶然

 関西国際空港に程近い大阪府泉南郡熊取町。大阪市内のベッドタウンとして名を馳せるこの町で南野拓実は生を受けた。その日は奇しくも阪神大震災の起きる前日の1995年1月16日。両親も慌ただしい状況下での子育てとなったに違いない。

「僕の名前は『自分で開拓して実るって意味だ』と小さい頃、親に聞かされました。名前負けせえへんようにしないといかんと思いましたね」と南野は命名の由来を打ち明けるとともに、生きる決意を新たにしたという。

 南野家には三つ上の兄がいて、幼少期の拓実少年は兄の後をついて回る、活発な子どもだった。

「兄貴とはよくケンカしていました。兄貴と友達が遊んでいるところに僕がついて行こうとすると、『来るなよ』と言われて、それに反発する感じですね。でも結局はついていくことになっていました(笑)。サッカーもそんな流れで始めたのかな。兄貴たちと一緒に、物心つく前からボールを蹴っていました」

 通っていた熊取町のフレンド幼稚園で本格的にサッカーを始め、同幼稚園を母体としたゼッセル熊取に入るのは、ごく自然の成り行きだった。

(中略)

 ゼッセルのチームメイトには、のちに2011年U-17ワールドカップ(メキシコ)、そして2016年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権=カタール)でともに戦うことになる室屋成(現FC東京)がいた。2人の出会いはまさに偶然以外の何物でもなかった。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク