コラム

クラブとともに戦い、走り続ける背番号13――。FC岐阜の永久欠番

2016年09月09日

FC岐阜の背番号13はトップチームからジュニアユースまで全カテゴリーで永久欠番となっている。Jリーグのアカデミーで初めて起きた痛ましい事故から6年たったいまもまだFC岐阜をサポートし続けている両親の想い、そしてともに歩み続ける仲間たちとの絆とは――。

(文・写真●木村元彦 写真提供●桐山周也君のご両親)

『フットボール批評issue11』の原稿に一部加筆

0909%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0001


FC岐阜の“永久欠番”

2016年8月28日。

 この日、岐阜市のサッカーフィールド長良川メドウにはFC岐阜のトップからジュニアユースの選手、さらには現役のみならずOBそして卒業していったスタッフたちまでもが全国各地から続々とやって来た。

 会場受付では来場者に「ありがとう FC GIFU SYUYA」という文字が入ったハート型のおせんべいが配られ、クラブの歴代社長である今西和男、恩田聖敬、宮田博之の3氏も顔を揃えた。JFLを勝ち抜きJリーグ加盟を果たした今西、ALSという病いに冒されながらも中興の祖として観客動員を果たした恩田、そして現在のFC岐阜を牽引する宮田と、まさに刻まれた歴史を見る思いだった。

 参加者はそれぞれに芝生の上でウォーミングアップをしてチームに分かれてボールを蹴り始める。2011年から毎年、この日に行われる会の名称はSyu会(しゅうかい)という。「周也のことを思い,サッカー(蹴球)を楽しむ仲間が集まる会」という意味で名付けられたのである。

 2010年夏、FC岐阜の育成組織であるU-15スティックルバックは石川県に遠征していた。合宿のトレーニングが全て終わった8月28日14時9分。所属選手で当時中学一年生の桐山周也君は母親に電話をかけた。

「帰りのバスは今夜8時くらいに岐阜に着くんだけど、岐阜経済大学前か県庁前のどっちかで降ろしてもらえるんだって。ぼくはどっちで降りた方が迎えに来やすい?」
「それなら経済大学の方が近いからそっちで降りて」

 このとき母はなぜか胸騒ぎがしたという。普段はあまり電話をしない子だったのだ。

「今どこにいるの?」
「今から海に行くんだ」

 そういえば帰途に海に寄るので水着を持って来るようにとの伝達が、クラブから事前にあった。

「あ、そうなの。じゃあ気をつけてね」

カテゴリ別新着記事

ss
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク