コラム

指導者なら知っておきたい『GK指導』のいろは。GKが習得すべき15の技術トレーニング

2017年01月11日

『18歳で日本一のGK』になるためにジュニア年代で磨いておきたい技術

 私が指導する湘南ベルマーレのGKたちには、このような言葉をかけています。

「13歳で日本一になる必要はない。最終的に、18歳で日本一のGKになればいい」

 前述した15テーマの技術を身につけるには最低でも4~5年の時間がかかります。日本ではGKの本格的な専門指導を13歳から受けることが多い。スペインは8歳から始めるから4年もの差があります。

 正直、私が担当する13歳の選手たちも、まずは技術面の修正から手をつけるのでもどかしく思うことが多々あります。子どもたちが最も吸収できる小学生の間に、正しい技術を教えられる指導者がいれば、と。

 フィールドと同様、GKもカテゴリーによって適切な育成プランがあります。

【7~10歳のカテゴリー】
1.基本技術
2.プレー理解(ミーティング)
3.神経系の強化
4.判断力の習得
5.チームとのプレー
6.少し複合的なトレーニング

【11~12歳のカテゴリー】
1.基本技術
2.技術(コーディネーション)
3.動作のスピード
4.爆発力(体の使い方)
5.チームとのプレー
6.ポジショニング

 小学生のカテゴリーでは、私はこのように考えて子どもたちを指導しています。そのとき、日本の指導者が間違った練習をしている例を一つ挙げさせてもらいます。

 小さいゴールを使っていませんか?

 よく見かけるのですが、小学生の頃は小さいゴールを用いているのに、中学生になると本来の大きなゴールに戻っています。これは戦術的に間違ったプレーを誘発してしまいます。具体的に指摘すると、ポジションを高くとれなくなってしまいます。つまり、ゴール前に張り付いたままで前に出ることに恐怖心が生まれてしまいます。

カテゴリ別新着記事

GA-300×80


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク