コラム

「朝が苦手」「ご飯がたくさん食べられない」。ジュニア年代の選手たちの保護者にありがちな悩み…。どう克服する?

2017年06月02日

fe74cb9db9280759d456c99330292a81

■朝が苦手
 朝が苦手な場合は、練習から帰宅後の過ごし方に原因があるようです。風呂に入ったり宿題をしたりとやるべきことがたくさんありますが、自分でしっかりと時間を区切って行動するようにしましょう。「何時までにお風呂に入る」「宿題を〇分ですませる」などの習慣をつけて少しでも早く寝るようにしましょう。早く寝ることは体づくりや疲労回復にもつながり、結果、寝起きもよくなります。

■ご飯がたくさん食べられない
 一番多く聞かれる悩みです。ご飯を食べる量が少ないと、エネルギー不足につながります。このような状態で練習を続けているとケガをしたり、最後まで集中できないことがあります。では下記にご飯をたくさん食べるポイントを紹介します。

■3食以外にもご飯を食べる

1.練習前と練習後に小さいおにぎりを食べる。
2.早く帰ってきたときのおやつは、小さいおにぎりを食べる。
3.夜お腹が空いたときは、小さいおにぎりを食べる
 
 ポイントは小さいおにぎりにする、という点。あくまでも間食なので食べすぎて3食の食事に影響しない量にします。おにぎりの他、餅や食パン、麺類などでもOKです。消化が良いものを選びましょう。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク