「常に想像を超えるプレーをしてくる」。攻守に”強さ”を発揮したバルセロナ。実際に戦った子どもたちは何を感じた!?

2017年09月02日

試合で感じた”差”。子どもたちが考える世界に近付くために必要なこと

メッシやイニエスタなど世界最高の選手を輩出しているバルサたちと戦い、敗れはしましたが試合のなかで何も出来なかったわけではありません。通用した部分もあります。

グループリーグ第2戦で対戦したサガン鳥栖は前半こそ2失点を喫しましたが、後半はバルセロナに得点を与えませんでした。6番MF先田くんと3番DF林くんは「チーム全体がハードワークして、最後まで粘り強く守備をすればシュートはあまり打たれなかったです」と、話します。

決勝で対戦した東京都U-12のキャプテン19番MF吉荒開仁くんも「前からのプレスは、試合全体を通して通用していました。同点ゴールを挙げてからは流れが(東京都U-12に)変わったので勝てると思いました」と、手ごたえを感じていたようです。

アグレッシブな守備でバルセロナを苦しめた東京都U-12ですが、試合終了間際に勝ち越し弾を決められました。「最後、自分たちのミスを突いて確実に決めてくるところが世界との”差”なのかなと思います(吉荒開仁くん)」

決勝のスコアは2-1。果敢なプレスでバルセロナを苦しめ、多くのチャンスを作りながらも、あと「1点」が遠かった東京都U-12。流れが悪いなかでも勝ち切る”強さ”を世界有数のビッグクラブであるバルセロナは示しました。

170830コラム000
【優勝の瞬間。抱き合うバルサの選手たち、敗戦を悔やむ東京都U-12の選手たち。アグレッシブな守備に苦しみましたが終了間際に勝ち越しゴール。バルサの”勝者のメンタリティー”を感じる試合となりました。】

今大会6試合で奪った得点は「22」失点は「2」と攻守で強さを誇ったバルセロナ。試合のなかでは、個々のポテンシャルを発揮したとともに、相手を揺さぶるバルセロナらしい華麗なパス回しも披露するなど、観ているだけで日本と世界の差は感じ取ることが出来ました。しかし、真剣勝負に挑み敗れた選手たちは、より強く世界との”差”を痛感し、これから必要なことを考えていました。

「バルセロナと戦って感じたことを意識して練習していきたいです。この経験をこれから生かしていかないといけないです(名古屋グランパス14番DF野田愛斗くん)」

「日本の選手は考えをチームメイトに主張できないことが多いです。バルセロナの選手は試合中に自分の考えを身振り手振りを使って、コミュニケーションを取り合っていました。世界に近付くためにも、話し合うことが大事になると思います(名古屋グランパス20番FW鈴木陽人くん)」

世界のトップと対戦した子どもたちは、自分にチームに何が必要なのかを考えて、前を向いていました。貴重な経験をどう生かしていくのかは選手次第ですが、バルセロナと対戦し感じたものを心に刻み、今後の成長に繋げていってほしいと思います。


<関連リンク>
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク