コラム

FW・MF・DF・GKで摂るべき栄養素は違う!? 各ポジションにオススメしたい『サッカーレシピ』

2017年09月29日

サッカーは大きく4つのポジション(FW・MF・DF・GK)に分けられます。FWは得点を奪うことを求められ、DFは相手の攻撃を抑える高い守備力だけでなく、前線にパスを繋いで攻撃を組み立てる技術も必要になります。このように、求められる能力はポジション別によって変わります。今回は各ポジションのプレイヤーが備えたい力を強化できる『サッカーレシピ』を紹介します。

写真●佐藤博之


【ポジション別サッカーレシピ FW】 伸ばしたい能力と摂りたい栄養素とは?

豎コ蜍昴Ξ繧キ繧吶せ繧ソv繝輔か繝ォ繝医ぇ繝・20170918蜑肴ゥ・41

■FWの選手が伸ばしたい能力

俊敏性、反応力、柔軟性

■能力を伸ばすカギは栄養素とミネラル

〇炭水化物
エネルギーの素になります。運動をする体にとって、いわば燃料となるものです。

〇ビタミン1
エネルギー素を効率よく燃料させ運動へと導きます。また疲労回復にも大切なものです。

〇クエン酸
筋肉の疲労物質である乳酸を除去する働きがあります。筋肉のパフォーマンスを向上!

〇ビタミンC
体をリフレッシュさせ、靭帯の強化や疲労の回復を促します。

【おすすめレシピ】胚芽パンの豚しゃぶサンド

<材料>
胚芽パン:2枚
豚肉うす切り:2枚
レタス:1枚
ゴマだれ:大さじ2

<作り方>
➀豚肉は熱湯に通して水気を切って冷ましておく。
➁➀にゴマだれをつける。
➂パンにレタスと豚肉を挟んでトースターで焼く。
➃食べやすい サイズにカットする

<ワンポイントアドバイス>
おかずにもなるボリューム満点レシピ。野菜スープを添えたらバランスはOK。

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク