反り腰を改善して「シュート力」UP!! 体幹で軸足を支えるお腹周りの筋肉を鍛える

2018年01月05日

フィジカル

DSC_0044

木場克己先生のアドバイス!

背中に腕を当てたときに隙間ができないように!

体幹の前、横、後ろも含めて、1個のコルセットの筋肉を作ることで、重心のブレが少なくなります。このトレーニングのやり方です。

1. ヒジを付き、顔をあげた状態で、うつ伏せになります。

2. そして、骨盤を3秒かけてゆっくりあげます。そのとき、背中からお尻まで真っすぐな状態になることが大切です。背中に腕を当てたときに隙間ができないようにしましょう。

3. 2の状態から3秒かけてゆっくり下げましょう。これを5回繰り返します。

このトレーニングは基本的にお腹の前の部分を鍛えるトレーニングです。例えば、腰痛になりやすい選手はお腹の前の部分の筋力が弱く、腰が反っています。そうなると、姿勢が悪くなります。お腹の前の筋力は足を踏ん張る力にもなります。その筋肉で体を支えることができないと転倒しやすくなります。また、ロングキックやシュートなど、強くてインパクトのあるキックを蹴るときは、お腹の前の(筋肉)で軸足を支えてから足を振ります。このトレーニングでお腹の周りの筋力を鍛えていきましょう。


DSC_0209

木場克己(こばかつみ)
一般社団法人JAPAN体幹バランス指導者協会代表理事。KOBA式体幹バランス協会代表。都内に9店舗のスポーツ専門鍼灸整骨院を開業し、ケガの治療やリハビリを主に行う。また長友佑都、金崎夢生、久保建英、中井卓大、池江璃花子らのトップ選手の体幹バランストレーニングを指導。ガンバ大阪ユース、サンフレッチェ広島ユースでも指導にあたる。オフィシャルサイトhttp://kobakatsumi.jp


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク