サッカーが上達する!! 1人でできる「タッチ感覚」を養う2つのトレーニング

2018年04月15日

サッカー練習メニュー

4月になり、クラブチームに入団したという子も多いのではないでしょうか。サッカーを上達させていくためにも、まずはボールの扱いに慣れて、自由にタッチできることを目指していきましょう。「クーバー・コーチング キッズのスキルアップ練習メニュー集」からボール感覚を養うトレーニングを紹介します。

著●クーバー・コーチングジャパン 再構成●ジュニサカ編集部 写真●松岡健三郎

「クーバー・コーチング キッズのスキルアップ練習メニュー集」より一部転載


ボールマスタリーとは?

ボールマスタリーとは、ボール扱いに慣れて、自由に扱えるようにするためのトレーニングです。継続的に繰り返しトレーニングをすることで、タッチの感覚(ボールフィーリング)が身につきます。

034-05_MTK_1773

●ボール扱いに慣れて、自由に扱えるようになる

 ボールフィーリングとは「どのくらいの強さでタッチをすると、ボールはどのくらい移動するか?」(タッチの強弱)や、「どのくらいの足の角度や、足のどの部位でタッチすると、どの方向にボールが移動するか?」(タッチの角度)を知ることです。この感覚をつかむことができれば、正確なキックやファーストタッチ、ドリブルができる選手になることができます。

●ボールタッチが自由にできるようになる

 上半身をリラックスさせて、姿勢や胸もバランスよくして行い、自然体でボールマスタリーを行いましょう。まずは、ボールタッチをゆっくり正確に行い、次のタッチがうまくできる位置にボールを運びましょう。足元だけを意識せずに、「アイズアップ(目線をあげること)」も心掛けましょう。両足バランスよく繰り返し行うことで、ボールタッチが自由にできるようになります。

 それと同時にコーディネーションといわれる、体や足をスムーズに連動させる能力も鍛えるトレーニングにもなります。サッカーのみならず運動での体の使い方を自然と覚えることができます。

●自分のペースで段階的にやってみよう

 ボールマスタリーは段階的に自分のペースでやっていきましょう。トレーニングを行い、心拍数をあげる効果もあるため、ウォーミングアップに適しています。1日10分~15分程度で、トレーニングメニューも3~5種類のメニューをこなすのが、1つの目安となります。

 ボールをあまり見ずに感覚でボールタッチできるようになったら、動きの種類を2つ、3つと合わせてより複雑な難易度の高いトレーニングも行ってみましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク