日本代表初召集の齋藤学選手。幼いころから非凡の才能を見せたドリブラーはどのようにしてプロへの階段をのぼったのか?

2013年07月20日

サッカーエンタメ最前線

最大の武器であるドリブルを磨き、その意識を持ち続けてプロの道へ

中学時代には、2005年に行われた「adidas CUP 2005 第20回日本クラブユース選手権(U-15)大会」で11ゴールをあげて大会の得点王となり、全国的にも脚光を浴びる存在となった。

「この選手、身長が伸びたら代表レベルでも楽しみな存在になるな」と感じていたが、ほとんど伸びなかった。しかし、むしろ体格に勝る相手を俊敏な身のこなしで翻弄するスタイルは高校年代でも磨きがかかり、プロでの成功につながっていった。

しばしばメッシに例えられるスタイルも、お兄さんをはじめとして、どうやったら大きな選手に勝てるのかをイメージしながら、ドリブルや動き出しの練習に取り組んだ成果だろう。

マリノスの育成組織といえば、小・中学生の年代から洗練されたボール回しで相手を圧倒するイメージが強いのだが、齋藤選手のようなドリブラーやゴールにこだわるタイプに対して、彼らの特長を殺さない環境づくりは意識されている。齋藤選手自身も、周囲に流されることなく自分の武器を磨く、その意識を持ち続けてきたからこそ、現在の姿があるのだろう。

マリノスのトップチームでは当初、出場機会をなかなか得られないまま愛媛にレンタル移籍し、そこでブレイクした齋藤選手だが、高校年代まで順調にステップアップしてきた。言わば“エリート中のエリート”だ。しかし、小学校から一貫してJリーグの育成組織で育ち、そのトップチームで日本代表に選ばれたケースは過去にあまりない。

現在の成功は彼の才能と努力が実を結んだものだが、彼に関わってきた指導者や周りの人々の支えがあったことは間違いない。育成組織から代表選手を輩出する“モデルケース”としても、齋藤選手が言葉にした「感謝」の源流を探っていくことが、大きな意味を持つのではないか。

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク