【第38回全日本少年サッカー大会】愛媛県大会 決勝フォトレポート&大会結果「粘り強く守り、終盤のセットプレーをものにした新居浜SSS宮西教室が初優勝を飾る!!」

2014年06月16日

大会情報

粘り強く守り、終盤のセットプレーをものにした新居浜SSS宮西教室が初優勝を飾る!!

決勝-宮西対今治

(文・写真●近藤義博)

6月15日(日)に、愛媛県総合運動公園球技場では「第38回全日本少年サッカー大会 愛媛県大会」の決勝戦が行われた。

決勝に出場したのは新居浜SSS宮西教室(以下、宮西)と今治市サッカースポーツ少年団南(以下、今治南)。序盤から激しいボールの奪い合いが続いたが、今治南は3番の堀川涼平くんがポストに当たる強烈なミドルシュートを放つなど、チャンスを作った。その後も堀川くんの攻撃参加やミドルシュートなどで次第に試合の主導権を握り、無得点で折り返した後半に入っても今治南のチャンスが続いた。

しかし、13番の永井智大くんのシュートなど、今治南はチャンスをものにできない。宮西はGK1番杉野太一朗くんを中心に守り抜くと、試合終盤にセットプレーでチャンスが訪れる。そこで宮西の11番の加藤大和くんがFKを直接決めて先制。勢いに乗った宮西はさらに攻め続け、混戦から13番の梶原彗汰くんが追加点を奪い、勝負を決めた。そのまま無失点で守り抜いた宮西が愛媛県大会に参加した108チームの頂点に。見事に初優勝を飾った宮西の10番キャプテン・枡田渡来くんは「全国大会ではまず1勝をして、調子を上げて勝っていきたい」と笑顔で次の目標を語った。

■新居浜SSS宮西教室 櫨山昌博監督のコメント
1回戦、2回戦で強豪チームに勝って波に乗れるかなと思いましたが、ベスト4に入っても厳しい試合になりました。決勝戦は選手にプレッシャーもあったでしょうし、思うような試合ができなかったのですが、それでもキーパーがしっかりしていて守備が堅く、組織で守ることができました。得意のセットプレーで先制して勝つこともできましたし、今大会はBチームも参加して、敗退した後は応援に回ってくれました。彼らも含めて、チーム全体の勝利だと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク