【第38回全日本少年サッカー大会】長野県大会 決勝フォトレポート&結果 「“全員攻撃、全員守備”でフォルツァ松本Aが2年ぶり3度目の制覇!!」

2014年06月16日

大会情報

“全員攻撃、全員守備”でフォルツァ松本Aが2年ぶり3度目の制覇!!

2014全少長野008

(文・写真●多岐太宿)

6月15日(日)、松本平広域公園総合球技場(アルウィン)にて、「第38回全日本少年サッカー大会 長野県大会」の決勝戦が行われた。準決勝で決勝点を決めた女子のFW伊藤めぐみさんが中心となる諏訪プライマリー(以下、諏訪)と、“全員攻撃、全員守備”で勝利を目指すフォルツァ松本A(以下、松本)との一戦となった。

諏訪は大きな注目を集める伊藤さんを中心に、技術と速さのある選手たちが場内を幾度もどよめかせる。しかし、両サイドを使った攻撃や遠目からのミドルなどで徐々に主導権をつかんだ松本は、前半終了間際の18分に左サイドでパスを受けたFW切石承之介くんが「ボールをもらった瞬間、シュートを打とうと意識しました」との言葉どおり、迷いなくシュート。これがゴールネットを揺らし、松本が先制に成功。

1点ビハインドの諏訪は後半に攻勢に出るが、松本はGK笠井勇希くんを中心に最後まで守りきり、試合終了。松本が2年ぶり3度目の長野県大会優勝を果たし、全国大会へと駒を進めた。

先日開催された、長野県の少年サッカーの大舞台である「チラベルトカップ」で対戦経験のある両チーム。その試合も松本が勝利していたが、松本の伊藤監督は「あの結果は忘れようと言って送り出しました」という。その言葉に選手たちが応えた。

■フォルツァ松本A 伊藤文保監督のコメント
試合的にはまだまだだったと思いますが、選手たちは強い気持ちで最後まで頑張ってくれました。うちのチームの目指すサッカーは、『みんなで攻めて、みんなで守る』。PK戦での勝利が2つあって苦しい試合が続きましたが、ここまで勝ち上がることができました。選手たちも言うようにチームとしては全国大会優勝を目指しています。ただ、現段階の実力は全国レベルで見ると下の方だと思うし、まだまだ力は足りません。あと1ヶ月半ほどあるので、全国大会に向けての準備をしていきたいと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク