【第38回全日本少年サッカー大会】滋賀県大会 決勝フォトレポート&結果 「オールサウス石山SC Jr.が11得点の大勝で勝利! 初優勝を飾る!! 」

2014年06月16日

大会情報

オールサウス石山SC Jr.が11得点の大勝で勝利! 初優勝を飾る!!

140615-決勝-草津FC対オールサウス石山SC③

(文・写真●森田将義)

 6月15日(日)、ビッグレイクで「第38回全日本少年サッカー大会 滋賀県大会」の準決勝と決勝が行われた。W杯初戦に挑む日本代表を応援するため、当初の試合開始時間を変更した準決勝の勝者はオールサウス石山SC Jr.(以下、オールサウス)と草津フットボールクラブ(以下、草津FC)。

決勝は立ち上がりから、オールサウスが主導権を握った。「ドリブルからショートパスというのが俺たちのサッカー」(8番新田陽人くん)という持ち味を序盤から存分に発揮し、5分に自陣左でボールを受けた11番中川広誠くんがひとりで相手CKまで運び、ゴール前にパスを展開。10番内田陸季くんが決めて、勢いに乗ると、11番中川くんのハットトリックを含む6得点を奪い、前半のうちに7点差まで広げた。

一方の草津FCは主将の10番中野桂太くんを中心に高い位置でのボール奪取からのすばやい攻守の切り替えによって、2点を返したが、相手の勢いを止められず。「まだ逆転される可能性もあるし、もっと得点が獲れると楽しい。後半も0対0のつもりでいた」(8番新田くん)と気を緩めず、後半も相手を押し込み、最終的には11対2でオールサウスが勝利。初の全少行きをつかんだ。

■オールサウス石山SC Jr. 河﨑覚監督のコメント
うちは個々の技術が無ければ、チームにならないという考えから、ドリブルからショートパスという一連の流れを練習しています。勝てたことも嬉しいけど、子どもたちが全員、そうしたオールサウスのサッカーをしてくれたことが嬉しいです。特に8番の新田(陽人)を中心に良く攻めて、4番の樽井(啓吾)を中心に良く守ってくれました。本当は皆、よく頑張ったので、全員の名前をひとりひとり挙げていきたいくらい(笑)今年はキッズからずっとやっている子たちばかり。自信もあるので、全国でもやってくれると思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク