【第38回全日本少年サッカー大会】新潟県大会 決勝フォトレポート&大会結果「エスプリ長岡FCが攻守に圧倒し、アルビレックス新潟U-12を下す! いざ全国の舞台へ!!」

2014年06月16日

大会情報

エスプリ長岡FCが攻守に圧倒し、アルビレックス新潟U-12を下す! いざ全国の舞台へ!!

決勝-エスプリ対アルビ新潟⑤

(文●斎藤慎一郎 写真●嶋田健一)

 6月15日(日)に「第38回全日本少年サッカー大会 新潟県大会」の最終日が実施され、決勝は、初優勝を狙うエスプリ長岡FC(以下、エスプリ)と2年ぶりの頂点を目指すアルビレックス新潟U-12(以下、アルビレックス)が対戦。エスプリが5-0でアルビレックスを下した。

開始直後、エスプリが実力を見せつけた。2分、笹川璃矩くんが左サイドを突破し、てクロスを入れる。逆サイドに流れたボールを渡辺海星くんがフリーで拾い、ゴールを奪った。

これを皮切りに猛攻が始まった。前半は、先制から3分後に山田一翔くんが2点目、18分にはキャプテンの上村陸くんが3点目。後半にも2点を追加して圧倒した。守っても、アルビレックスにチャンスを与えない。プレスをかけて激しくボールを奪うと、すばやくカウンターを仕掛ける展開を最後まで貫いた。

「強いアルビに5-0で勝ててうれしい」。上村くんは笑顔で優勝を喜んだ。準決勝のclubF3戦は3-1。笹川くんのハットトリックで決めた試合だった。決勝は全体の攻守が連動してゴールを量産。渡辺重夫監督は「まだまだ雑なプレーか多い」と言いなからも、「選手たちは気持ちの入ったプレーで、自分たちの力を出してくれた」と奮闘をたたえた。

クラブ創設は2005年10月。10年目を迎える今シーズンは全国で勝負するシーズンだ。現在の主力は、低学年の頃からほとんど変わっていない。今年5月のJA全農杯チビリンピックではベスト4に進出。攻守で好連係するスタイルが全国でも通用することを証明した。「全国大会は優勝を狙います」。上村くんは堂々と全国制覇を目標に掲げた。

■エスプリ長岡FC 渡辺重夫監督のコメント
初優勝は純粋にうれしいですし、決勝は早い時間帯で得点できたことがよかったです。1点を取られたとしても、取り返す自信はありました。だから、早い時間帯に先制点を決められたことは大きかったです。チビリンピックでベスト4に入り、日本一は遠くないと感じ、選手たちはその後、甘えることなく厳しい練習を重ねてきました。まだまだ雑なプレーも多いです。でも、その分、伸びしろもあると思います。全国大会は強豪ばかりですが、自分たちのプレーを出せれば、優勝を狙えると思いますし、狙っていきます。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク