【第38回全日本少年サッカー大会】山口県大会 決勝フォトレポート&結果 「苦しいゲームを戦い抜き、貴重なセットプレーのチャンスをものにしたFCリベルダーデが県予選を突破!!」

2014年06月16日

大会情報

苦しいゲームを戦い抜き、貴重なセットプレーのチャンスをものにしたFCリベルダーデが県予選を突破!!

2014全少山口009

(文・写真●上田真之介)

選手やコーチングスタッフに加えて周囲のサポートも含めた強固なチームワークが原動力となっているFCリベルダーデ(以下リベルダーデ)が、準決勝でSSS、決勝でレオーネ山口(以下レオーネ)と実力のあるチームを下して優勝を飾った。

逆転勝ちで決勝に駒を進めたリベルダーデと、準決勝は延長戦までもつれて勝利を手にしたレオーネが対戦。開始早々からペースをつかんだのはレオーネで、立て続けに3本のCKを獲得。9番・松原翔太くんのプレースキックは、正確でゴール前に放り込んで決定機を作り出すが、リベルダーデもすばやく体を寄せてシュートは阻止する。ただこうしたセットプレーを生かして前半はレオーネが優勢に試合を進めていく。

しかし後半に入ると一転してリベルダーデにセットプレーのチャンスが生まれる。先制点もそのセットプレーから。敵陣左で直接FKを得ると、川本正隆監督が「精度には信頼を置いている」と話す2番・石橋颯くんがボールをセット。右足で鋭いシュートを放つと一度はレオーネのGKがはじき返すが、こぼれ球を拾った5年生の4番・林晴己くんが落ち着いてゴールに送り込んだ。

その後は両チームにチャンスがあったがともに守備陣が堅いブロックで失点を防ぎ、1-0でゲームセット。得点源となった石橋くんは「キャプテン(林樹哉くん)を中心にまとまったチーム。自分も得点に絡むことで貢献できてうれしい」と笑顔で振り返った。

■FCリベルダーデ 川本正隆監督のコメント
コーチングの中でよく言うのが強い気持ち。『強く』という言葉を掛けています。気持ちの部分で強く行ってほしいですし、それがそのままプレーに出るのかなと思います。またベンチワークも大事。ベンチワークが崩れると何をするか分からなくさせてしまうので、そこは先手を打てるように心がけています。ベンチワークに加えて選手の考える力が合わさったとき、強い力が出るのかなと思います。全国の舞台では、選手たちには気取らずに自分たちのサッカーをしてもらいたいですね。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク