【第38回全日本少年サッカー大会】岡山県大会 決勝フォトレポート&大会結果「オオタフットボールクラブが10年ぶり3回目の優勝で、全国大会への切符を獲得!!」

2014年06月16日

大会情報

オオタフットボールクラブが10年ぶり3回目の優勝で、全国大会への切符を獲得!!

決勝-オオタFC対ヴィパルテ3点目後

(文・写真●石倉利英)

6月15日(日)に行われた、「第38回全日本少年サッカー大会 岡山県大会」最終日。準決勝で笠岡中央に勝利したオオタフットボールクラブ(以下、オオタFC)と、Jフィールド津山SCを下したFC Viparte(以下、ヴィパルテ)が決勝で激突した。

前半はお互いにチャンスがありながらも、両チームの守備陣の踏ん張りもあって得点は奪えず、こう着状態が続いていたが、前半終了間際の19分、オオタFCは8番満園修太郎くんが、相手守備陣の一瞬のスキを突いて先制。さらに20分にはゴール前のこぼれ球を、キャプテンの10番岩井琢朗くんが蹴り込み、2-0とリードして前半を終えた。

後半はヴィパルテも、敵陣での連係プレーや個人技でゴールを目指したものの、なかなか1点を奪うことができない。逆にオオタFCは36分と37分に、「試合前のテレビインタビューで、ハットトリックをしたいと言っていた」という8番満園くんが2点を追加して、公約通りにハットトリックを達成した。

結局、4―0で勝ったオオタFCが、10年ぶり3回目の優勝で、全国大会への切符を獲得した。

■オオタフットボールクラブ 太田修平監督のコメント
キャプテンの10番岩井琢朗が1カ月前に大きなケガをしたのですが、復帰してから、もう一度チームをしっかり整えて、今大会に臨むことができました。試合ごとに上り調子になりましたし、決勝の後半は、少し慌てていたところがありましたが、追加点が入ったあとは落ち着きを取り戻したので、トータルで見れば良かったと思います。全国大会での目標は日本一ですが、相手は各都道府県で優勝した、実力のあるチームばかり。目の前の一戦一戦を大事に、ウチのサッカースタイルを貫いて、結果を残したいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク