【第38回全日本少年サッカー大会】広島県大会 決勝フォトレポート&大会結果「サンフレッチェ広島F.C.ジュニアが3-0で勝利し2連覇を達成!」

2014年06月24日

大会情報

サンフレッチェ広島F.C.ジュニアが3-0で勝利し2連覇を達成!

2014全少広島006

(文・写真●寺田弘幸)

「第38回全日本少年サッカー大会 広島県大会」が6月22日(日)、東広島運動公園で準決勝と決勝が行われた。所々に水溜りができるグラウンドとなった中でも、選手たちは全国大会出場を目指して懸命にボールを追いかけた。

決勝戦は2年連続優勝を目指すサンフレッチェ広島F.C.ジュニア(以下、サンフレ)と、今大会で13得点を奪って勝ち上がってきた攻撃力の高いシーガル広島(以下、シーガル)の対戦。実力者同士が白熱した戦いを繰り広げた。

前半にペースを握ったのはシーガル。10番の棚田遼くんが中心になってゴールに向かったが、サンフレはGK大滝優太くんの好守を見せてゴールを許さない。お互いに無得点のまま後半に突入すると、サンフレが猛攻を仕掛けた。岡本航貴くんがGKを交わして冷静に先制点を奪うと、1分後にも岡本くんがゴールを奪い、その1分後には湯谷杏吏くんが得点を決め、リードを3点に広げる。あっという間に3点をリードしたサンフレは、最後まであきらめないシーガルの攻撃を全員で集中力を高く保って防ぎ、喜びに沸き上がった。

「みんなで絶対に勝とうと話して試合に臨みました。優勝することができて本当にうれしいです」と喜んだキャプテンの湯谷くんは、「全国大会の目標は優勝しかないです」と力強く意気込みを語った。

■サンフレッチェ広島F.C.ジュニア 村井一俊監督のコメント
今年のチームは去年に全国大会を経験している選手たちが引っ張ってくれていて、パスの質を上げていくことに取り組んできましたが、選手たちは向上心を持って高い意識で取り組んでくれている。決勝戦は前半はやりたいことを相手にやられてしまいましたが、後半にうまくフリーになることができてFWが前を向けるようになりました。全国大会は課題が見つかる大会でもありますが、思い切ってぶつかっていきたいと思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク