第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会の1次ラウンド組み合わせが決定!

2014年07月02日

ジュニアサッカーニュース

7月1日(火)に日本サッカー協会は、8月3日(日)~9日(土)に静岡で開催される第38回全日本少年サッカー大会 決勝大会の1次ラウンド組合せを公式サイトで発表した。前年優勝チームである鹿島アントラーズジュニアはグループ1組に入り、「JA全農杯チビリンピック2014」を制したレジスタFCはJクラブアカデミーのサンフレッチェ広島F.C.ジュニアと同組に。激戦が予想されるのは、大阪のセレッソ大阪U-12や福岡の強豪BUDDY・FC、4年連続出場中である栃木SCがいるグループ4組で、どこが勝ち上がるのか気になるところ。また、「ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN」の優勝チームである横河武蔵野フットボールクラブジュニアは3年連続出場中の佐賀のサガン鳥栖U-12と同組になり、こちらも注目したい組となっている。

<グループ1組>
潮江ジュニアフットボールクラブ(高知県・初出場)
MIRUMAE・FC・U-12(岩手県・2年連続10回目)
FCリベルダーデ(山口県・初出場)
鹿島アントラーズジュニア(茨城県・3年連続11回目)

<グループ2組>
田宮ビクトリー(徳島県・2年連続4回目)
JFCフトゥーロ(神奈川県・初出場)
平章サッカースポーツ少年団(福井県・7年ぶり4回目)
ACジュニオール(宮城県・8年ぶり2回目)

<グループ3組>
レジスタFC(埼玉県・2年連続2回目)
ふじかげFC山形(山形県・初出場)
エスペランサFC(沖縄県・初出場)
サンフレッチェ広島F.C.ジュニア(広島県・2年連続5回目)

<グループ4組>
セレッソ大阪U-12(大阪府・2年ぶり5回目)
BUDDY・FC(福岡県・7年ぶり2回目)
SSS札幌サッカースクールA(北海道・2年ぶり3回目)
栃木SCジュニア(栃木県・4年連続4回目)

<グループ5組>
福島ユナイテッドFC(福島県・初出場)
FCアミーゴ(鳥取県・2年ぶり13回目)
横河武蔵野フットボールクラブジュニア(東京都・3年ぶり4回目)
サガン鳥栖U-12(佐賀県・3年連続5回目)

<グループ6組>
比内サッカースポーツ少年団(秋田県・初出場)
ブルーウィングフットボールクラブ(大分県・2年連続2回目)
一身田FCスポーツ少年団(三重県・初出場)
オオタフットボールクラブ(岡山県・10年ぶり3回目)

<グループ7組>
鹿島アントラーズつくばジュニア(茨城県2・初出場)
FC ENFINI(岐阜県・初出場)
リベロ津軽SC(青森県・3年ぶり2回目)
新居浜SSS宮西教室(愛媛県・初出場)

<グループ8組>
スネイルサッカークラブ(長崎県・初出場)
FC Valentia(和歌山県・3年ぶり6回目)
スクエア富山FC Jr A(富山県・4年ぶり2回目)
ヴァンフォーレ甲府U-12(山梨県・2年連続2回目)

<グループ9組>
丸亀フットボールクラブ(香川県・2年ぶり6回目)
FCおろち(島根県・16年ぶり2回目)
ヴィッセル神戸U-12(兵庫県・2年ぶり4回目)
Vivace FC(静岡県・2年連続2回目)

<グループ10組>
太陽スポーツクラブU-12(鹿児島県・3年ぶり2回目)
シルフィードFC(愛知県・初出場)
エスプリ長岡FC(新潟県・初出場)
オールサウス石山SC Jr.(滋賀県・初出場)

<グループ11組>
ブレイズ熊本ジュニア(熊本県・9年ぶり4回目)
美川FCジュニアA(石川県・初出場)
ファナティコス(群馬県・7年連続7回目)
YF奈良テソロ(奈良県・初出場)

<グループ12組>
柏レイソルU-12(千葉県・2年ぶり15回目)
フォルツァ松本A(長野県・2年ぶり3回目)
アリーバFC(宮崎県・3年ぶり3回目)
京都紫光サッカークラブ(京都府・2年ぶり11回目)

全少静岡
(写真●中野嘉也)

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク