【バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会】神奈川県大会 決勝フォトレポート&結果「多摩区FCU-12が2年ぶりに県代表の座に返り咲く!!」

2014年09月24日

バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会

多摩区FCU-12が2年ぶりに県代表の座に返り咲く!!

140924バーモント神奈川予選016

(文・写真●山本浩之)

 9月23日(祝 火)、寒川総合体育館(神奈川県高座郡寒川町)にて「バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会神奈川県大会」の決勝があり、多摩区FC U-12(以下、多摩区FC)が、稲田FCを14-1で破り優勝を果たした。

 川崎市多摩区を拠点とする多摩区FCと稲田FC。「相手チームには同じ学校の子もいます」という選手もいたようだが、キックオフの笛が鳴ると、良き友はライバルとなり、全国決勝大会の切符をかけ、ピッチ上で火花を散らした。

 先制したのは稲田FC。前半1分に、11番・内海くんのドリブルを基点に22番・関戸くんからのボールを受けた18番・民谷くんのシュートがゴールネットを揺らした。しかし、多摩区FCは、すかさず5番・朝野くんのシュートで同点に追いつくと、これが大量14得点の口火となった。直後に2番・横山くんのダイレクトシュート、5分と6分には3番・山崎くん、9分と11分には7番・北嶋くんが決めると、12分には4番・藤岡くんのふわりと浮かしたボールがゴレイロの頭上を越え、稲田FCのゴールマウスへと吸い込まれていった。

 前半を7-1で終えた多摩区FCは「ボールを持たせてもいいところと、ボールを奪いにいくところをはっきりさせる」とベンチで認識をあわせ、後半のステージへと向かった。「ジュニアのフットサルではゴールクリアランスがハーフウェイラインを越えられないので、ゴレイロから大きなボールがフィードされません。だから、フィールドプレーヤーは高い位置からプレッシャーをかけて、ボールを奪うことを意識していました」と多摩区FCの鍋倉コーチは言う。

 そのイメージを後半のピッチでも再現した多摩区FCの選手たち。4番・藤岡くん、3番・山崎くん、2番・横山くんが2得点ずつをあげると、残り1分となったところで、5番・朝野くんも、稲田FCのゴレイロが弾き返した2番・横山くんのシュートを右サイドから押し込み、14-1とした。やがてスコアボードの残り時間は「0:00」となりタイムアップ。多摩区FCは、第20回大会から3年連続で神奈川県大会を制しており、昨年度の決勝トーナメント1回戦での敗退以来、2年ぶりで神奈川県代表の座に返り咲いた。

 試合後「いつもの試合では、この子たちはこんなに得点を取ることができません。どちらかというと、接戦をものにするようなチームなんですけどね」と鍋倉コーチがコメントすると、そばにいた選手たちは「ゴールが決まるたびに、だんだんと気合が入ってきて勢いがついてきた」と得点を重ねるにつれてチーム内が盛り上がってきた様子を口々に語ってくれた。そして「きょうは2年ぶりに優勝することができましたので、子どもたちには100点満点をあげたいと思います!!」との言葉に選手たちは歓声をあげると「全国ではチーム一丸となって、がんばっていきたいです!!」とキャプテンの7番・北嶋くんは、2015年1月の全国決勝大会の舞台での健闘を誓った。

■多摩区FC U-12 鍋倉雄太郎コーチのコメント
優勝することができて、素直に嬉しいという気持ちです。決勝では、先制を許しましたが、決してディフェンスの状態も悪くありませんでしたので心配はしていませんでした。また、(決勝は)プレイングタイムだったこともあり、十分取り返す時間はあるとの認識もありましたので、選手たちは慌てることなく対応することができたようです。これからもチームの取り組みとしては、フットサルの基本的な部分は1対1の個の勝負ですので、対面している相手との駆け引きを大切にしながら、チーム戦術や約束事を徹底していこうと思っています。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク