「子どもがサッカーを楽しく好きになる」ってどうすればいい? コーチ&保護者の尽きない悩みにアドバイス!!

2014年11月28日

メンタル/教育

子どもがサッカーを楽しく好きになってほしい――。そんな願いをもっている指導者や保護者の方は多いはず。しかし、すべてがうまくいくとは限りません。それでも、その願いのために何かできること、考えることがあるのではないでしょうか。そこで今回は、選手が自主的に取り組むボトムアップ指導の先駆者で、先日発売となった『ボトムアップ式指導でチーム力を伸ばす魔法のサッカーコーチング実践編【DVD付】』の著者・畑喜美夫氏の言葉に耳を傾けてみます。

『ボトムアップ式指導でチーム力を伸ばす魔法のサッカーコーチング実践編【DVD付】』より一部転載


自分が楽しかった経験や瞬間を思い出す

どうすれば子どもがサッカーを楽しく好きになってくれるのか、というのはジュニア年代でも尽きない悩みです。それでは、みなさん、これまでに自分が「楽しい」と思ったことや瞬間を思い出してみてください。サッカーに限らず、どんなことでもいいです。いかがでしょう?

「楽しい」と思うのは、大人でも子どもでも、自分の思ったことができるという状況です。そこに規制が入ると楽しさがなくなってきます。特に育成年代では、指導者がサッカーというものの括りを広く大きく捉えるということが大事です。

鳥を狭い鳥かごで育てるよりは、広々とした森林で育てるほうが、伸び伸びと楽しく育っていくように、指導者が自分の考えだけで、つまりサッカーを鳥かごのような小さな括りで考えていると、きっと子どもたちは楽しくはないと思います。

1128コラム用

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク