ジュニア世代は成功体験を! ドイツ育成メソッドに学ぶ「年代別トレーニング」【幼稚園児編】

2016年07月07日

サッカー練習メニュー

よくジュニア世代は「年齢に応じたトレーニングが重要だ」と言われます。しかし、実際にどんなことを考慮し、練習をすればいいのかを明確に示されたものはあまりありません。そこで、ドイツの年代別トレーニングを参考に、幼稚園、小学1・2年生、小学3・4年生、小学5・6年生に区分けし、年代に応じたトレーニングの考え方と実例を紹介する連載をスタートします。

(構成●木之下潤 写真●Getty Images)


MUNICH, GERMANY - OCTOBER 19:  Refugee boys practise during a training session with FC Bayern Muenchen team coaches at Saebener Strasse training ground on October 19, 2015 in Munich, Germany.  (Photo by Alexandra Beier/Bongarts/Getty Images)

幼稚園のときは全身を動かすことが大切

まず、連載第一回目は「幼稚園」です。

年代に応じた練習を考えるとき、考慮すべきことは身体的・精神的な特徴があることです。この年代には、主に4つの性質・特徴があります。

▼性質・特徴 改行
1.とにかく動き回っていたい
2.興味があることに一生懸命
3.ものまねを楽しむ
4.勝ち負けへのこだわりはまだ少ない

これを配慮し、うまくトレーニングを考えることが重要です。とにかく、まだ未発達な年代だから、最大の目的は、下記の2つです。

▼体を動かす楽しさを全身で感じること
▼『できた!』という気持ちをたくさん味わうこと

そこで、サッカーの絡め方としては「体を動かす」「友達と遊ぶ」という2通りの考え方があります。

前者は対人スポーツであり、ボールスポーツなので、あらゆる体の使い方が大切になります。だから、体をスムーズに動かせるようになることを、主な目的とするトレーニングの考え方です。後者は相手ありき、味方ありきというサッカーの競技性を、主な目的とするトレーニングの考え方です。

例えば、マネする特徴を利用したり、動き回る特徴を活用したりして練習メニューを考えてはどうでしょうか?

別に、サッカーボールを使うことにこだわらなくてもなんでも構いません。ボールを使わず、鬼ごっこでも十分です。小学1・2年生になり、サッカーに興味を示し始めたとき、結果的にスムーズに体を動かせたら楽しい思いがたくさんできます。さらに、敵や味方がいることを認識できれば、一緒にプレーすることの喜びなどサッカーの本質を身近に感じることができます。

忘れてはいけないのは、最大の目的2つです。この年代では、「サッカーをトレーニングしよう」ではなく、「みんなで遊ぼう」ぐらいに、全員が楽しめる練習メニューを作ってみましょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク