FC東京育成部長が語るU-12からトップまで一貫した育成プラン。目指すは「育成の前倒し」

2016年07月15日

インタビュー

「U-12チームを持たない」FC東京の育成プランは?

――U-12からU-23まで仮に一本の道筋が通っているとして、どうイメージされていますか?

福井「ちょっと取り留めのない話になりますが…。FC東京はU-12の登録チームを持っていません。私は欲張りだから東京のいい選手は全部欲しい。でも、子どもたちも両親も目標は『全日本少年サッカー大会出場』にあって、そうなると登録チームに入っていないと出場できません。

 ただ一方で、アドバンスクラスのあるクラブに入ることでU-15以降に繋がる環境を得られるのだと保護者の方に理解してもらえる、FC東京ではそのようなクラブ作りをしたいと考えています。FC東京の色を持った選手たちが成長していく。そして同じ指向を持った指導者が、サッカーの変化とともに成長していく。そういうクラブになりたいですね。青赤の色を共有して」

――なるほど。U-12からU-15、U-18、やがてトップにいたる道のりを一本化することが、選手にとってもクラブにとっても将来につながっていく、と。

福井「はい。最初に述べましたが、J3への参入がスタートし、来年以降、いろんな側面で取り組みの質が高まっていくはずです。下のカテゴリーの選手たちがトップを身近に感じる環境になっていますから」

0713fctokyomusashi


RE表紙修正版2
【商品名】フットボールサミット第35回 FC東京 首都クラブが歩むべき道
【発行】株式会社カンゼン
A5変型/232ページ

⇒新たなクラブモデルを模索するFC東京。首都クラブが歩むべき道、ビジョンを追いかける。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク