【第41回全日本少年サッカー大会】セレッソ大阪が逆転でコンサドーレ札幌を下し3年ぶり2回目の優勝を飾る!!

2017年12月29日

ジュニアサッカーニュース

C49T9458
(写真●佐藤博之)

 29日(金)、鹿児島県鴨池陸上競技場にて『第41回全日本少年サッカー大会』の決勝が行われ、セレッソ大阪が北海道コンサドーレ札幌を下し、優勝を飾った。

 先制点を奪ったのは、コンサドーレ札幌だった。後半11分、11番・出門思努くんが左サイドからドリブル突破。ペナルティエリア内に侵入し、右足で流し込んだ。

 しかし、セレッソ大阪はその4分後に同点ゴールを挙げる。7番・三津井龍真くんが右サイドからドリブル突破をしてそのまま右足で一閃。

 その後、延長戦にもつれ込むと思われた後半終了間際、セレッソ大阪はコーナーキックを獲得すると、6番・渡辺皐くんのボールに10番・皿良立輝くんがヘディングで合わせ逆転に成功する。

 結局、2-1で逆転勝利したセレッソ大阪が3年ぶり2回目の優勝を飾った。

【決勝試合結果】
■決勝
セレッソ大阪 2ー1 北海道コンサドーレ札幌

■得点者
31’出間(コ)、35’三津井(セ)、39’皿良(セ)

HSB_0593


 

【試合結果】第41回全日本少年サッカー大会 特設ページ【取材日記】

 


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク