ドリブルの優先度がパスより低い5つの理由。”バルサメソッド”に学ぶレガテの指導術

2018年05月24日

コラム
タグ: 

恐がらせずにチャレンジさせることが大切

 ボールを正確にコントロールし、スピードに乗って、ピッチ上をドリブルしている時には、ボールを奪いに来るディフェンスの選手と対峙することがあるでしょう。

 その時には、ディフェンスに対してレガテを行います。レガテとは、ボールと一緒にピッチ上を前進し、ボールのコントロールを失うことなく対峙する相手選手を突破する技術です。  

 ドリブルで相手を交わす技術を身につけるのは必要なことです。レガテ(ドリブル突破)はとても美しく、実用的で、プレーを縦方向へと運び、解決策をもたらしてくれるプレーです。

 どの時代の素晴らしい選手たちも、レガテが得意な選手たちでした。子どもたちにも、ボールを失うことを恐がらせずに、チャレンジさせることが大切です。相手にボールを取られても、何度も挑戦するように仕向けてあげましょう。

 この難しい技術を身につけたら、味方へのパスとレガテを結びつけてあげることが大切です。指導者は、子どもたちが大好きな個人技を伸ばしてあげようと優しく励ますことが大切です。

 そうすることで子どもたちはドリブルをし、レガテを使って相手を突破し、集団プレーについても理解していくと考えています。これは驚くべきことではありません。私はこれまでの指導経験を通して、こうしたことを見てきました。

カテゴリ別新着記事

お知らせ



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク