“生意気小僧”原口元気の少年時代。「試合中、僕に怒られて仲間は大変だったと思います」

2018年06月21日

コラム
タグ:  

鮮烈な活躍で全国に名を轟かせる

 本人が意欲的に武器を研ぎ澄ましていくのを横目で見ながら、一さんは課題にも取り組ませた。それが守備であり、ヘディングだった。特にヘディングは元気少年が一番嫌いで苦手とするプレー。それを承知で、父はバランスのいい選手にさせるべく、あえて取り組むように口を酸っぱくして言った。

「当時の僕は全部足元で受けてドリブルする感じだったけど、『それだけじゃダメだ』と。親父が蹴るボールをヘディングする練習はよくさせられました。大人の蹴るボールは重いし痛い。自分があまりにも嫌がると、お母さんが止めてくれることもあったけど、僕には特別に厳しかったですね。

 だけど今、考えると、もっとやっておけばよかったと思います。プロになった今もヘディングはそんなにうまくないから。公式戦で決めたヘディングシュートもわずか2点。岡崎(慎司=レスター)選手なんかはヘディングの練習ばかりしていたと聞いたけど、やっぱりうまいですもんね。状況判断に優れた直輝(山田=浦和レッズ)もそうだけど、子どもの頃に何を重点的にやっていたかで、その選手の長所は大きく変わりますよね」と原口は神妙な面持ちで語っていた。

 それでも、元気少年はドリブルという傑出した武器を磨きつつ、パスやシュートなど多彩なプレーを身につけ、小6のときには全日本少年サッカー大会(全少)と全日本少年フットサル大会(バーモントカップ)の2冠を達成する。とりわけバーモント決勝で兵庫FCか6点を叩き出した活躍は鮮烈だった。チームをけん引したスター・原口元気の名は、瞬く間に全国に知れ渡った。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク