守備について何から教えればいいの? スピードスターと言われる選手への対応法は?

2018年07月07日

未分類
タグ: 


Q. スピードスターと言われる選手の対応に手を焼いてしまいます。


回答
大事なのはタッチングディスタンスをとること。いつもの倍近いタッチングディスタンスをとってもいいと思います。

スピードスターと言われる選手の対応に手を焼いてしまいます。

 ついついやってしまいがちなのが、ディフェンダーがボールウォッチャーになってしまい、スピードに長ける選手と横並びで構えてしまうことです。ふいに自分の背後にボールが出てきたとき、スピードのある相手と「よーい、ドン!」で勝負をすれば勝負になりません。大事なのは、相手に対してタッチングディスタンスをとることです。

 タッチングディスタンスとは、相手の背後から手を伸ばして触れるか、触れないか、という距離を取るということです。このとき、相手のフォワードは背後にディフェンダーを置くようになるので、ディフェンダーがどれくらいの距離にいるのかわかりません。また、ディフェンダーが手を伸ばして触れるかどうか、という距離にいるので、フォワードから背中にいるディフェンダーは触ることができません。それが、タッチングディスタンスの絶妙な距離と言えるものです。

 スピードのある選手に対しては、このタッチングディスタンスを長めにとることも賢明だと思います。そうやって相手が走り込みたい場所を先取りし、スペースを埋めてしまう。こうしたときに、スピードのある相手がディフェンダーの背後をとるのは難しいと考え、足下でボールを受けるようになればこっちの勝ちです。スピードのある選手が足下で止まってボールを受けても、スピードに乗ってボールを受けられるよりは怖くありません。

 また、スピードのある選手に対して、その前にいる守備者がパスコースを限定し、スピードのある選手の足下にボールを入れさせないような守備ができていれば、スピードのある選手をマークするディフェンダーは背後に出てくるボールだけを意識していればいい、という状況を作ることもできるでしょう。

 そういう組織的な対応の仕方もあれば、組織的な対応が難しいときに個人としてタッチングディスタンスの距離を2倍とって対応することもあります。状況によって最適な方法を見つけて自分の身を守ることが重要なのです。


<プロフィール>
松田浩(まつだ ひろし)

1960年9月2日、長崎県長崎市出身。筑波大学を経て日本リーグ2部のマツダSCに入団。その後、ヴィッセル神戸でプレーし95年に引退。監督として、恩師スチュワート・バ クスター仕込みの精密な4‐4‐2のゾーンディフェンスを用いて05年にアビスパ福岡、 翌06年には神戸をJ1昇格に導いた。その後、栃木SCの監督や日本サッカー協会のナショナルトレセンコーチなどを歴任したあと、現在はV・ファーレン長崎の育成部長を務める。ゾーンディフェンスへの造詣が深く、日本最高の守備マイスターと崇められる。


サッカーの守り方

【商品名】詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください
【著者】松田浩
【発行】株式会社カンゼン
四六判/224ページ
2018年6月19日発売予定
※発売日は変更になる場合がございます。

守備のツボをおさえれば、どんなチームも絶対に強くなる!日本最高の守備マイスターによる、面白くて眠れなくなる守備の参考書。日本が誇る守備マイスター松田浩氏による守備読本。氏がこだわる「ゾーンディフェンス」の考え方は未だに日本サッカーに浸透しきれていない。ゆえに極論すれば、日本代表監督を誰が務めようと、守備の脆さは永遠に改善されない。

※ご購入はジュニサカオンラインショップまで


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク