なぜ、正しい「姿勢」や「体の使い方」がサッカー選手に必要なのか?

2018年12月24日

コラム

なぜ、正しい姿勢や体の使い方はサッカー選手に必要なのか?スポーツの基本は体を動かすこと。年代やカテゴリー、スポーツに限らず正しい姿勢や体の使い方は「ケガを防ぐ」ことや「パフォーマンスを向上させる」ことを期待される側面がある。しかし、重要なのは結果ではない。なぜ「正しい体の使い方を覚えれば、ケガ予防になり、パフォーマンスが向上するのか」を正しく理解する必要がある。RCDエスパニョールでトレーナーを務めた松井真弥氏のインタビュー第3回をお届けする。

取材・文●木之下潤 写真●ジュニサカ編集部


【第2回】「重心を落とせ」ではなく「重心を上げろ」。サッカーにおける“骨盤”の重要性 の続き


背骨を中心に「カラダ」を見る

――松井さんが思い描く体幹は背骨を中心に上から下までグルッと一周しているようなイメージです。一般的に言われる骨盤を中心としたイメージとは違うような気がします。

松井「そんなイメージに近いと思います。私は『ケガ予防』からの発想で考えているので、楽に体を動かせる状態で体のこと、動きのことを考えています。だから、一般的に言われる体幹、要するに筋肉をつけて固めるようなイメージは持っていません」

――プロなら筋肉をつけることも必要です。でも、子どもの頃は姿勢や動き方から覚えた方がプレーの土台づくりとしては先かもしれません。

松井「体幹のベースとなる部分は、日頃のトレーニングで最低限ついてきているはずです。ただ、より負担のない正しい姿勢や正しい動きを意識すれば、そのベースがより強固になるはず。それが結果として普段使わない背中の部分に刺激を与えられたら効率性も増します。『背骨の動きも良くなる』から『体の動きの連動性』が高まります」

――背骨は上半身と下半身のバランスをとる意味では、すごく重要なパーツです。

松井「『背骨がどう動くか』を意識してトレーニングした方がいいと考えています。それは腹筋であろうが、ベンチプレスであってもです。背中を反って肩甲骨を寄せては広げを繰り返し、背骨をしっかりと連動して動かすことができるかはスポーツをする選手にとっては非常に重要だからです。

 背骨は基本的に六つの方向に動きます。

・前後
・左右
・右ひねり左ひねり

 背骨が自由自在に動かせるようになれば、自分が思ったように体を動かせることにつながります。フィジカルトレーニングは特にここが必要不可欠になります」

――なるほど。六つの方向に対して、どの方向にもバランスよく押したり耐えられたりできるとサッカーのプレーにも生きます。

松井「その通りです。結果として、その力が手足に伝わっていきます。体の動力を先に手から足からと末端部分から何とかしようとするから無理が生じているのです。

 背骨は胴体の後ろ側についています。

 体の真ん中を通っているわけではありません。つまり、背骨を自由自在に使おうとすると背中側の筋肉を使う方が理に適っているのです。だから、背中の筋肉を意識することが必要だと考えているのです」

――冷静に考えると、背骨は後ろ側にあります。

松井「背骨を自由に動かせるようになれば、もっと動きが変わってきます。体幹トレーニングといっても前側を鍛えてしまうと背中が固まってしまうから上半身と下半身とが連動しなくなってしまいます。もっと背中を自由に扱えたら上半身と下半身が自由に連動し、手足への力も効率よくストレートにパワーが伝わるようになると思うのです。背中のS字カーブがきちんと機能するためには、いい姿勢を作らなければなりません。

 先ほどは六つだと言いましたが、実はあと二つあります。それは『上下』です 。よく体操で上に伸ばす動きをしますが、姿勢が悪いと下につぶれる形になります。ただ基本的に六つの方向の動きが自由自在にできるようになると、体の力が滞りなく全体に連動して巡るようになります。背骨が動いて、手足が出て行く。これが本来の順番です」

――「背骨から」という意識を持つと、正しい動きができそうです。

松井「先に足から。先に手から。そう捉えると、体全体が連動しません。要するに、背中側が固まっているような状態になります。まずは背中を意識するようにしましょう」

――ボールを投げること、ボールを蹴ることを思い浮かべてみると、背中から手足の流れはつかみやすいかもしれません。

松井「野球ボールは肘を上げて背骨をひねったら、手は後から自然に出てきます。ボールを蹴る時も背中を反ってひねったら足が後からついてきます」

――体のつくりに合わせて捻転すれば自然に足がついてきます。ということは、どこ方向に動くかは六つの方向の組み合わせです。

松井「背骨を中心とした六つの方向の動きが三次元に組み合わさり、自分の思い描く動きへとたどり着きます。そうすると、体幹は背骨を自由自在に動かすために必要な部位であり、力の構造という捉え方もできます。昨今は体幹が筋肉ありきで考えられていますが、背骨の動きをどうスムーズに六つの方向を組み合わせるかだと思うと、筋肉ありきではありません」

S__29188110
【松井真弥氏の理論は『ケガ予防』の観点をベースに考えられている】

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

地域クラブ

Twitter Facebook

チームリンク