勝敗を分けたのは「ポジショニングの判断」の差だった/ジュニサカ取材日記⑥

2018年12月29日

育成を考える

チームとしてのポジショニングが安定した戦いを生む

 ベスト4からは試合会場が変わった。それによりスタジアムを吹き抜ける風もベスト8ほどは少なくなった。ベスト4のカードは次の2つ

 第一試合 ソレッソ熊本×川崎フロンターレ
 第二試合 大阪市ジュネッスFC×アビスパ福岡

20181228_1131

 2つの戦いを見ていて感じたのは『ポジショニング』だった。もう少し噛み砕いて言うと、「自分のいるべきポジションをどのように判断しているのか」ということ。ジュニア年代では、『運動量で負けるな』という言葉をよく耳にするが、確かにこれも間違いではない。

 しかし、ただ単に動き続けたらいいのかと言えば、それは違う。サッカーは11対11、ジュニア年代では8対8で戦うスポーツだ。その中には、ポジションという自分の役割が決まっている。自分のいるべき場所にいなければ攻撃がうまくいかないこともあるし、守備時に穴を作ることもある。だから、サッカーというスポーツは自分一人では成り立たない。さらに、ポジショニングの判断を難しくしているのは、サッカーというスポーツに攻撃と守備との境目がなく、常にそれが繰り返しどんどん変わっていくからだ。

 その点において、ベスト4はその判断の差が出た戦いだった。

 なぜ『ポジショニング』という指摘をしたかと言えば、会場が移って試合観戦できる場所がピッチの横ではなく、そこを俯瞰できる記者席に変わったからだ。上から試合を見ているとよくわかるのだが、チームとしての基本的なシステムの並び、そして攻撃と守備における全体的な配置が一望できる。

 結果として、決勝戦にコマを進めた川崎フロンターレと大阪市ジュネッスFCはチームとしての全体的な並びと攻守においてのポジショニングがとても美しかった。

 試合会場に足を運べる人たちには、ぜひその視点も持ってもらいたいのだが、例えば、守備時にはポジションに穴を空けることなく、かつディフェンスと中盤の横並び、そしてディフェンスからフォワードまでの縦の間隔がキレイに整っている。だから、ピンチの時はその並びが歪んだり、一つのポジションに穴が空いたりしているのですぐにわかる。

 そのポジショニングの視点で見ると、負けた2つのチームには並びのズレやポジショニングの穴が所々で散見された。

 ここで一つ感じたのが『動き過ぎによる』弊害だ。確かに運動量が豊富であることは大事だが、同時に『どこに、どのタイミングで、どう動くか』はサッカーにおいて重要なプレーとなる。例えば、ポジションのカバーは大切なプレーの一つだが、それは一人が行えばいいわけではない。一人が大きくカバーに動けば、そこにまた穴を作ることを意味する。それがダメなプレーというわけでなく、その選択をした時はその穴に気づく選手も必要だということだ。また、場合によってはその穴を捨てるという選択をすることもある。

 だからこそポジショニングは日頃からチーム全員が認識しながらトレーニングすることが大切なことだ。

 今日の決勝戦『川崎フロンターレ×大阪市ジュネッスFC』はポジショニングという観点においても素晴らしいプレーができている。9時半から開催される両チームの戦いは好ゲームが期待できそうだ。


【特設ページ】JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会【取材日記】


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

6banar

Twitter Facebook

チームリンク