体が硬くなる冬はケガが起こりやすい!? 「腱」「靭帯」「筋肉」を強化する食事法とは

2019年01月22日

コラム
タグ: 

練習や試合の後にとりたいリカバリー食

 練習や試合の後、すぐに食べて欲しいのは、糖質とタンパク質が入っているエナジーゼリーです。エナジーゼリーと同じような働きをするものとして鮭入りのおにぎり、肉まんでもOKです。これらは使い切ってしまったエネルギーの元を補充するという意味で摂取します。糖質とタンパク質の量が「3:1」の割合でとるのが良いとされています。

 また、疲れを取るために、酸っぱいものを食べさせてください。

 お酢、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、梅干しなどには「クエン酸」が含まれていますが、これは一緒にとったミネラル分を吸収しやすくして、疲労物質を分解してくれます。

「酸っぱいものは苦手」というお子さんなら、イワシを梅干しで煮たり、サラダをマヨネーズではなくドレッシングで食べるようにして、少量ずつ慣れさせていくといいでしょう。

 また、柑橘系の果物を砂糖で煮て、レモン汁を加えてマーマレードやジャムにすれば、美味しくクエン酸をとることができます。これらは体の疲れをリカバリーするための食べ物としてお勧めですし、ケガ予防のためにも大切なことです。ぜひ試してみてください。


<プロフィール>
川上えり(管理栄養士)

海外プロサッカー選手の栄養アドバイスや、FCジュニオールの栄養アドバイザー。海外・国内遠征・合宿帯同や、アスリート向けレシピ制作、子育てママ向けのコラム執筆などで活動中。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク