コラム

すべてはファーストタッチで決まる!? グリーズマンのプレーから学ぶ“ゴールを奪うための秘訣”

2017年06月22日

アトレティコ・マドリーに所属する、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはシュート、ドリブル、パスといったサッカーに必要な全ての技術を高いレベルで備えている選手の一人です。ゴールをとるだけではなく、チームのリズムが悪い時には低い位置まで下がってきてゲームの組み立てに参加し、前線からのプレスも積極的に行い、チームプレーも怠らない選手で、まさに万能型FWといえるでしょう。では、彼が高い次元でシュートやドリブルができるのは、なぜなのでしょうか。それは、ボールを受けた時の最初のタッチが巧みだからです。今回は、グリーズマンのプレーから『ファーストタッチ』の重要性を考えます。

文●前田快/ジュニサカ編集部 写真●Getty Images


≪アントワーヌ・グリーズマンのプレー集≫

 サッカーにおいて、ファーストタッチはすべてのプレーにつながる生命線です。ファーストタッチがうまくいかなければ、次のプレーがワンテンポ遅れ、味方との連携もうまくいかず、味方DF陣が体を張り、奪ってつなげてくれたボールをすぐに失ってしまう可能性があります。FWやMFに限らず、DFにもファーストタッチは重要です。自陣でパス回しをしながら、攻撃の機会を伺い、攻撃のスイッチをうまく入れるためにはファーストタッチでいかに蹴りやすい位置にボールを置くかが重要になってきます。

 また、派手なプレーを生み出す背景には正確なファーストタッチが必ずありますが、グリーズマンはこのファーストタッチがとても優れています。体が大きくないグリーズマンのような選手が屈強なDFを相手にしてゴールを奪うためにはこのファーストタッチの正確さが必要不可欠なのです。次のプレーをしやすい位置にファーストタッチでボールを持ってくることで、攻撃のスピードを落とすことなく、スムーズに次のプレーを行なうことができます。

 では、どうしたらグリーズマンのような効果的なファーストタッチができるのでしょうか。その秘密はボールをもらう前の動きにあります。彼は常にルックアップして周りを見ながらプレーをします。相手が密集しているところでは強引に突破しようとせず味方とのワンツーでDFを崩したり、うまく存在を消して抜群のタイミングで飛び出しゴールを奪います。

 このようにボールをもらう前に相手と味方の位置や状況をしっかり把握していることが、正確なファーストタッチを生み出すのです。トラップの技術はもちろん大事ですが、そのトラップを行う前の準備も同じくらい重要なのです。トラップの技術があっても周りが見えていなければ、効果的なトラップになりません。

 そして、その準備をすることで、次のプレーにつながる位置にボールを置いたり、ワンタッチプレーを選択するという判断を一瞬の間に下すことができます。グリーズマンのような一流のFWも「ボールをもらう前に顔を上げる」というアクションを基本に忠実に行なっているのです。

 世界最高のFWのひとりであるグリーズマンが魅せるファーストタッチは、体の小さい子どもたちにとって学ぶ点がとても多いと思います。体が大きくなくてもファーストタッチの技術を磨けば得点を奪う確率は数段アップすることでしょう。

MADRID, SPAIN - APRIL 08:  Antoine Griezmann of Atletico de Madrid in action during the La Liga match between Real Madrid CF and Atletico de Madrid at Estadio Santiago Bernabeu on April 8, 2017 in Madrid, Spain.  (Photo by fotopress/Getty Images)

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク