サッカー脳を鍛えて”直感”を磨く!脳科学者が語る「判断力」の秘密

2017年11月28日

育成を考える
タグ: 

8 - コピー

子どもの「判断力」を磨く親の声かけ

 あるワンプレーについて、そのオプションをイメージするイメトレが効果的であることは先ほど述べましたが、最初のイメージを作ることはけっこう難しいもの。家庭では、うまく子どもに質問して、子どもの頭の中で試合を再現させるようにするといいでしょう。

「こうしてこう(相手が、ボールが)来たら、どうする?」とか、「こういうときの切り込みどうする?」と聞いてみる。これは親が指導者レベルでなくてもできることです。子どもがイメージするきっかけを与えられればいいわけで、子どもがシミュレーションしてみることが大事なんですから。答えが間違っていてもいいんです。

 また、サッカーの試合をテレビで観る場合には、カメラの角度がかなり限定されているのが残念ですが、俯瞰、ゴール側、自分目線など、親が目線の転換を促すこともしてあげていいのではと思います。

 このプレーを、相手選手から見たらどうか、などを聞いてあげる。かなり早い時点、小学校へ入るくらいの子どもなら、「これ、ピッチのどこから見た感じ?」とかは、わかりますよ。

 また、脳の能力は、可塑性があるので、極端なことを言えば、90歳になってからでも脳は成長できます。

 一方、運動の神経の発達のピークは8歳ぐらい、判断の神経のピークは11.5歳くらいというデータもありますが、いずれも緩やかなピークですからいつまでも発達は可能です。

 問題なのは、このときに作られる判断や運動調整の神経ネットワークは、現状の身体にフィットするように作り込まれてしまうこと。だから、急に体が大きくなったり、筋力がついたりすると、それに神経ネットワークが合わせきれず、下手になるという現象が起こるのです。

 小学校3、4年生くらいまではうまかったのに、その後、体の変化にさらされ伸び悩む可能性があるということは知っておいた方がいいと思いますね。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク