ボールを持つ選手=主役ではなく、保持者外=主役の価値観がジュニア年代の指導に必要不可欠である【4月特集】

2018年04月18日

育成を考える

4月の特集では、「ジュニア年代の課題」をテーマにその検証と考察を行っている。今回の第三弾では、「選択肢を持つという責任はボール保持者だけにあるのか?」がテーマだ。「U-12ダノンネーションズカップ2018」は試合時間が短く、選手たちに体力が十分足りているため、より中盤を避ける傾向にあった。その中で飛び交う「選択肢を持て」「判断しろ」の声…ボールはUの字型に動き、一つ以上の選択肢が作られていない。なのに、いかにもボール保持者が悪いような言葉掛けに違和感を覚えた。

■第1回
「U-15」と「U-12」年代のサッカーで起こっている「課題が同じ」なのはなぜか?

■第2回
「練習したことは試合に出る」。湘南ベルマーレの監督と主将がレアル戦で感じた課題とは?

取材・文●木之下潤 写真●佐藤博之、古賀庸介


20180402_0580

ボール保持者にだけ「選択肢を持て」と声をかけていないか?

 選手たちはいくつかの選択肢を持ってプレーしているのか?

 これが「U-12ダノンネーションズカップ2018」を見て感じた大きな疑問の一つだ。そう疑問を抱いた理由は「ボールがUの字型に動く」ことにある。あまり中盤を経由せずにボールが移動するということは、「一つ以上の選択肢が作られていない」ということの裏返しだ。

 ジュニア年代の指導現場に行けば、練習でも試合でもボールを持っている選手に「選択肢を持て」「選択肢はどれだ」と、いかにも判断が必要な状況が生まれているような言葉が飛び交っている。しかし今大会を取材する限り、ボール保持者に対して複数の選択肢があるシーンを見かけることは多くはなかった。

 そもそもボール保持者の判断に必要な材料は何なのか?

 多くの指導者がその根幹となる部分に目を向けていないから、ボール保持者中心のサッカーの見方になってしまうのだ。たくさんの指導者たちがボール保持者の目線でプレーに修正をほどこすが、それだけでは修正そのものは成立しない。なぜなら出し手と受け手がいてサッカーというボールスポーツが成り立つからだ。

 つまり、数多くの選択肢を持つためには、数多くの受け手が必要不可欠なのだ。それなのに多くの指導者がボール保持者に対して「まわりが見えていたのか?」「顔を上げろ」と大声で叫ぶ。受け手となる選手が複数いたなら、そういう言葉を投げかける根拠がある。

 しかし後ろにサポートに入る選手もいなくて、斜め前の位置でパスを受ける選手はマークを受けながら一人動き回っている。その奥を見ても、裏を狙う選手さえいない。そんな状況をボール保持者が見て、どこに選択肢があるのか。

 通常、ボール保持者に最も近い受け手となり得る選手には厳しいマークがつく。だから、前述した状況では、ボール保持者にとって出しどころがない。日本の8人制サッカーではそういう状況が多いのに「選択肢を持て!」「選択肢は何だ!」と言ったところで、そもそも判断できる材料がないのが現状なのだ。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク