コレならできる!サッカーと勉強の両立 小学生サッカー選手こそ家庭学習で勝負する【前編】

2013年12月04日

コラム

勉強は毎日のスケジュールに組み込む

 サッカーの練習に忙しい子の場合で大事なのは、「何を」「いつ」「どのように」勉強するかを決めておくことです。

 1週間の予定はある程度は決まっているはずですから、まずは親子で、固定スケジュールを作りましょう。サッカーの練習は何時から何時何分まで、見たいテレビがあれば、テレビの予定も入れます。その間で勉強の時間を決めます。勉強時間に何をするのかを、先にしっかり決めてしまうのです。

 成績のいい子の家庭でよくあるのが、サッカーの練習から帰ってきたら、着がえる前にまず、15分でも勉強するというもの。計算問題などやることを決めておいて、短い時間でも集中するシステムをあらかじめ作り、勉強を習慣にしてしまうわけです。

 また、中学受験のための勉強と、サッカーとの両立は難しいと一般的には言われていますが、一部の超難関校ではなく、中堅~上位校であれば、両立も十分可能です。今は自宅で受けられる模試もありますし、塾に通えない環境にある子のために、私が考えた学習メソッドもあります。効率よく集中して勉強すれば、サッカーを続けながらの中学受験だって十分可能、なんです。

(後編へ続く。次回は12月5日更新予定)


プロフィール
坂本七郎(さかもと しちろう)

ドリームエデュケーション代表。日本で唯一の家庭学習指導の専門家。セミナー開催、保護者向けメールマガジン(読者数12,000 人)の発行、オリジナル学習メソッドの普及を通じて、日本全国の小中学生の学力向上をサポートしている。著書に『わが子の学力がグングン伸びる ユダヤ式学習法』(大和出版)などがある。
ドリームエデュケーション公式HP http://dreameducation.net/

 


カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

全日本U-12選手権大会

Twitter Facebook

チームリンク