高校サッカー心を揺さぶる物語 「いつも親父がいてくれた」

2014年01月10日

インタビュー

親父がつくった三角

「いや、僕は行きません。親父と約束したので。今僕がチームを離れるのは、監督やみんなに迷惑がかかるので、それは絶対にしたくないんです」
「バカやろう! お前、何考えているんだ。いいか、親の死に目は人生に一度しかないんだぞ! 行かなきゃダメだ。それにお前、仲間を信頼していないのか!? お前は
明日負けると思っているから、そんなこと言っているんだろう! 選手権は明日の試合に勝てば、もう一回お前にチャンスが回ってくるじゃないか!」
監督は僕の腕を掴み、そのまま強引に車に乗せて、病院へと向かった。

僕と監督が病院に着いたのは、夜中の12時ごろだった。
病室に入ると、母親と叔父がいた。親父は意識がほぼない状態で、小さな唸り声を
上げていた。
こんな親父の姿は見たくなかった。
来るんじゃなかった、そう思った瞬間だった。

ガバッ!

親父が突然起き上がった。
「何でお前がいるんだ! 早く宿舎に戻れ!」
親父は僕に向かって叫んだ。

「せっかく息子が来たのに、なんてことを言うんだ!」
とっさに角谷監督が親父に言った。

「角谷か!?」
親父は監督の存在に気付くと、動かないはずの両腕を動かし、手で三角形を作った。
「いいか、これが見えるか。お前らはこの三角形の底辺にいるんだ。そこからお前らは勝ち上がっていかないといけないんだぞ。わかるか!?」
手を動かしていることも、しゃべっていることさえも、奇跡のような状態だった。
「わかったよ。十分にわかった……」

角谷監督は泣きそうな表情になっていた。そして、僕を見つめながら言った。
「おそらく今日が峠だろうから、お前はここに残るんだ」
僕は、力なくうなずくしかなかった。

「角谷! 慶人を連れて帰れ!!」
病室を後にする監督の背中に向かって、親父は叫んでいた。

 

続きは『高校サッカー心を揺さぶる11の物語』にて紹介しています。


 

高校サッカー本

高校サッカー 心を揺さぶる11の物語

日本全国で本当にあった高校サッカーの物語。全国出場を目指し、一生懸命にがんばる高校サッカー部員が全国にはたくさんいます。目標に向かって努力する。試合で負けて涙を流す。仲間と共に勝利を喜ぶ。すべてが二度とない青春の日々であり、一人ひとりに大切な物語があるのです。本書では選りすぐりの11の物語を紹介しています。熱く、泣ける、心を揺さぶる話を集めました。

【監修】安藤隆人
【定価】1,575 円

ご購入はジュニサカオンラインショップまで

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク