高校サッカー心を揺さぶる物語 「いつも親父がいてくれた」

2014年01月10日

インタビュー

運命のメンバー発表

選手権本大会のメンバー発表まで、あと半月となっていた。
僕にとってのラストチャンス。選手権本大会のメンバーから漏れれば、3年生はその時点で引退という約束だった。
「もういいよ、メンバーに入れるわけないから」
Bチーム以下の3年生たちは、早々に諦めて、練習に来なくなるやつもいた。
でも、僕は絶対に諦めたくなかった。一緒に練習する3年生がいないときは、監督やコーチに直談判をして、2年生の中に混じって練習に参加した。

迷いがなかったわけじゃない。
こんなことをして、本当に意味があるのだろうか。
本当に監督やコーチは見ていてくれているのだろうか。
あきらめて友達と遊んだほうが楽なんじゃないのか。
でも、病気と闘い続けている親父の姿を思うと、そんな気持ちではいけないと強く思い直した。
「練習しなかったら、どうあがいてもメンバーに入れない。たとえ可能性が低くても、今は後悔のないようにやるしかない」
僕は自分の心と戦った。

そして、ついに運命の日――。

僕らは会議室に集められ、壇上に立つ角谷監督が一人ひとりメンバーの名前を読み上げた。前に出てきた選手に、ユニフォームが渡されていく。

登録メンバー25人のうち24人までが発表された。僕の名前はまだ呼ばれていない。最後の25人目の発表の瞬間、僕は目を閉じた。

「秋田慶人!」
僕の名前だ。ギリギリでメンバーに選ばれた!

壇上に上がり、背番号25のユニフォームを受け取った。身が引き締まる思いだった。

その日の放課後、僕は病院に行き、親父に報告をした。
「そうか、良かったな」
親父はそっけなかった。
母親は「がんばったからもらえたんだよ。やっぱり監督は見ていてくれたんだよ」
と喜んでくれた。
実は親父は選手権に出場したことがあって、親子二代での選手権出場を何よりも楽しみにしていたことを、僕は母親から聞いていた。
母親の横で、嬉しいはずなのに、それを見せないでいる親父の姿があった。

このとき、ガンの告知から、1年6ヶ月がたっていた。
親父の病状はいよいよもって悪化していて、年を越せるかどうかだと、医者から告げられていた。
毎日お見舞いに行っていたが、会うたびに痩せ細っていく親父を見て、「いよいよなんだな……」と、僕は覚悟を決めていた。

140110高校サッカー選手権002

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク