「正直、レイソルは好きじゃなかった」。酒井宏樹はなぜJクラブへの進路を選択したのか

2018年06月26日

僕らがサッカーボーイズだった頃

日本代表は24日(日)に行われたロシアW杯第2戦でセネガル代表と対戦。先制点を奪われるも、ドローに持ち込み、勝ち点1を獲得。決勝トーナメント進出に向けて大きく前進しました。右サイドバックで先発フル出場を果たした酒井宏樹選手(柏マイティー/柏レイソルジュニアユース/柏レイソルユース)はセネガル代表のエースであるサディオ・マネを抑え込みました。所属するマルセイユ(フランス)でシーズンを通して活躍し、今や、世界屈指のサイドバックとなった酒井宏樹選手の少年時代を振り返っていきます。

サッカーをやめようとさえ考えた。酒井宏樹の“運命を変えた”サイドバックへの転向

文●元川悦子 写真●GettyImages

『僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代』より一部転載


LUGANO, SWITZERLAND - JUNE 08:  Hiroki Sakai of Japan in action during the international friendly match between Switzerland and Japan at the Stadium Cornaredo on June 8, 2018 in Lugano, Switzerland.  (Photo by Masahiro Ura/Getty Images)

少年時代は点取り屋

 イタリアワールドカップで西ドイツが三度目の世界制覇を達成した90年。この年の春、千葉県柏市在住の酒井夫妻に3番目の男の子が誕生する。父の故郷・長野県中野市で誕生した赤ん坊は、ふたりの兄と同様に、父の名前から「樹」の一字をとって「宏樹」と名づけられた宏樹少年は「生粋の柏っ子」としてスクスクと育った。酒井家の三兄弟にとって遊びといえば、もちろんボールを蹴ること。近くの公園に出かけては、ワイワイとサッカーをしていた。

「一番上の兄が7つ上、二番目の兄が5つ上ですから、自分が物心ついたときはもうふたりともサッカーをやっていました。親父も趣味でプレーしていたので、男4人で公園に行ってはボールを追いかけていた記憶がありますね。兄たちとは歳が離れていたし、何か直接的に影響を受けたことはあまりないけれど、僕は負けず嫌いだったので、ふたりに食らいついていく弟だったんじゃないかな……」と酒井は懐かしそうに幼少期を振り返る。

 その宏樹少年がサッカークラブに入ったのは、幼稚園年長の頃。ふたりの兄がジャクパ柏スクールに通っていたこともあり、彼もそこで週1回練習するようになったのだ。その指導者だった倉持代表が99年に柏マイティーFCを立ち上げたことで、小学3年生になった宏樹少年もそちらに移る。同じ富勢西小学校に通う仲間3〜4人も一緒に新たなクラブに行くようになり、彼は心を弾ませながら平日2回と週末の練習・試合に足を運んだ。同クラブは送迎バスを運行していたので、両親も安心して預けることができたようだ。

「幼い頃の宏樹はおとなしくて人見知りが激しい子。けれどピッチに立つと、ものすごく活発で、闘志を前面に押し出していました。少年時代は点取り屋だったんですが、チームが失点して負けると『俺がGKやる』と言い出すことも多かった。自分が守れば負けないと思っていたのでしょうね」(倉持代表)

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク