サッカーをやめようとさえ考えた。酒井宏樹の“運命を変えた”サイドバックへの転向

2018年06月27日

コラム
タグ:  

JEONJU, SOUTH KOREA - MAY 15:  Nelsinho,coach of Kashiwa Reysol and Hiroki Sakai celebrate the win after the AFC Champions League Group H match between Jeonbuk Hyundai Motors and Kashiwa Reysol at Jeonju World Cup Stadium on May 15, 2012 in Jeonju, South Korea.  (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)
【2009-14まで柏レイソルの監督を務めたネルシーニョ監督】

感謝の気持ちと謙虚さが酒井の武器

 帰国後、センターバックとしてベンチ入りしはじめたが、レギュラー定着まであと一息足りない。くすぶっていた酒井に目をつけたのがネルシーニョ監督だった。2011年3月11日 に起きた東日本大震災発生後の中断期間のキャンプで、名将が右サイドバックに試したことが、大きな転機となる。Jリーグ再開後2試合目のヴァンフォーレ甲府戦で田中順也の同点ゴールをアシストして結果を出すと、そこから一気にブレイク。瞬く間に五輪代表、A代表へとステップアップし、さらに柏のJ1初制覇とJリーグベストヤングプレーヤー賞を両獲りする離れ業までやってのけた。

「僕の場合は試合に出るまでがすごく苦しむ。でも、出ちゃえば絶対活躍できるという自信もつきました。中学時代、プロ1年目と出られない時期が何度もあって、自分の中でいろいろ悩んだけれど、そういう経験をしたことが大きかった。精神的な課題は克服できたのかなと思っています」

 2012年5月のアゼルバイジャン戦(エコパスタジアム)で国際Aマッチデビューを飾り、今ロンドン五輪とドイツ・ブンデスリーガ1部・ハノーバー96に移籍するなど、酒井宏樹は今、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。しかし、彼がおごり高ぶったことは一度もない。

 2011年の大活躍で注目度が一気にアップしたあとも、日立台での練習後には最後まで残ってファンサービスを続け、応援してくれるファン一人ひとりに感謝する姿は全く変わらなかった。“こんなに謙虚な若者は滅多にいない”と感心されることも少なくない。

  こうした立ち振る舞いができるのも、恩師・吉田監督の口癖である「レイソルのエンブレムを背負って試合に出る以上、責任をもて。ベンチには出たくても出られない選手がいるんだ」という言葉が脳裏に刻みこまれているから。酒井はどれだけ多くの人に自分が支えられているかを強く感じながら、ボールを蹴りつづけているのだ。

  多くの人々に支えられ、今の自分がある。感謝と謙虚さを胸に、酒井は今日もピッチに立つ。

<関連リンク>
2018 FIFAワールドカップ ロシア 特設ページ
「正直、レイソルは好きじゃなかった」。酒井宏樹はなぜJクラブへの進路を選択したのか

SARANSK, RUSSIA - JUNE 19:  Hiroki Sakai of Japan celebrates after his sides second goal during the 2018 FIFA World Cup Russia group H match between Colombia and Japan at Mordovia Arena on June 19, 2018 in Saransk, Russia.  (Photo by Clive Mason/Getty Images)


<プロフィール>
酒井宏樹(さかい ひろき)

少年時代:柏マイティーFC
中学時代:柏レイソルジュニアユース
高校時代:柏レイソルユース

1990年4月12日、千葉県生まれ。DF。中学生になった2003年に柏レイソルジュニアユースに入団。その後、ユースを経て、高校3年生時には2種登録。2009年からトップチームへ昇格した。スピードを活かしたダイナミックなオーバーラップから、鋭いクロスを上げて、チームの得点機をつくりだす。2011年シーズンには右サイドバックとして先発出場を続けて、柏レイソルのJ1初優勝の快挙に貢献。Jリーグベストイレブン、Jリーグベストヤングプ レーヤー賞を受賞した。2014年ブラジルワールドカップ最終予選にも出場した。2012年夏にはハノーバー96へ移籍。現在はフランスのマルセイユでプレーする。


僕サカ4書影データ
【商品名】僕らがサッカーボーイズだった頃4 夢への挑戦
【著者】元川悦子
【発行】株式会社カンゼン
四六判/232ページ

価格:1,728円(税込)
四六判/232ページ
2018年5月21日発売

『ジュニアサッカーを応援しよう! 』人気連載企画の第4弾!!
日本代表や海外、Jリーグで活躍するプロサッカー選手たちがどんな少年時代を過ごしたのか。
本人たちへのインタビューだけではなく、彼らをささえた「家族」や「恩師」「仲間」の証言をもとに描いた、プロへ、そして日本代表へと上り詰めた軌跡の成長ストーリー。

 

※ご購入はジュニサカオンラインショップまで

 


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク